□ 取扱業務
➤ 遺言書添削 
➤ 相続人調査 
》》終活支援メニュー
》》その他

ポイント行政書士渡辺事務所

☎ 050-3404-7859(9時~17時)

■ご来所

埼玉県飯能市川寺429-7

受付時間 火~土 9:00~16:00

休業日 月・日曜日、祝祭日、年末年始(12/29~1/3)

その他、臨時に休業することがございます。

 

注意事 項 ご来所相談は予約制です。

埼玉県行政書士会飯能支部監察部長

行政書士

渡邉文雄

ポイ ント  ご挨拶

埼玉 行政書士渡辺事務所のHPをご覧いただきありがとうございます。当サイトは以下の方のために開設しています。

 

■ 遺言書の書き方について知りたい

■ 遺言書を書いた。専門家にみてもらいたい

■ 公正証書で遺言書を作りたい

 

■ 「相続」について知りたい

■ 相続があったが預貯金がおろせない。手続きを頼みたい

■ 「墓じまい」について知りたい

 

■ 離婚協議書の書き方について知りたい

■   離婚協議書案を書いてみた。専門家にみてもらいたい 

■ 公正証書で離婚協議書を作りたい

注意事 項  まずはメールで気軽にご相談ください無料)

■ 「全国対応」どこからでも取り扱いサービスのお申込みが可能です。

ポイ ント 気になるニュース  ➤ 》アーカイブ

□ 家族との信託契約急増  認知症と併せて、相続にも備える制度として「家族信託」も近年注目されている。銀行相手ではなく家族との間で信託契約を結び、財産管理を任せるしくみだ。・・・普及協会は「認知症への不安や関心から家族信託の契約が、ここ数年で急激に増えている」という。(2019.7.9朝日新聞5頁)

□ 子どもの引き渡しルール化 養育費不払いに防止策 改正法成立・・・原則として、1年以内の施行を目指す。・・・改正案では・・・引き渡しに親権者が立ち合えば、子と同居する親が不在でも連れ出せる・・・。養育費や賠償金の不払いへの対策では、・・・相手の預貯金や勤務先などの情報を、・・・入手できる制度を創設した。

(2019.5.11朝日新聞3頁)

□ 成年後見 報酬見直し促す 最高裁 業務量・難易度に応じて 家裁に通知

 ・・・東京家裁の「めやす」によると、基本は月額2万円で、財産額に応じて報酬があがる。・・・いわば、中身の分かりづらいパッケージ料金から、個別の業務に応じた料金体系への変更を、家裁に促した形だ。出典(2019.4.3朝日新聞1頁)

□ 所有者不明農地の利活用について~平成30年度農業経営基盤強化促進法等の改正の概要~

・・・相続未登記等により所有者が不明な農地であっても、簡易な手続きにより、農地中間管理機構への最長20年間の利用権設定を可能とするとともに・・・。(2019.3.25月刊日本行政4月号6頁)

□ 4月から暮らし こう変わる

・・・贈与税非課税特例の対象見直し 親や祖父母から教育資金や結婚・子育て資金の一括贈与を受ける場合、年間所得1千万円超の子らは贈与税非課税措置の対象外に。・・・出典(2019.3.31朝日新聞1頁)

□ 離婚の慰謝料請求 不倫相手は認めず 最高裁、逆転判決

・・・不倫を理由とした慰謝料は、配偶者、不倫相手の両者に請求できる。今回は、離婚に伴う慰謝料も不倫相手に請求できるかが争点だった。・・・出典(2019.2.20朝日新聞30頁) 

□ 所有者不明土地 法改正へ 相続放棄の義務化・放棄制度創設

 ・・・法制審議会に諮問・・・2020年に民法などの改正案を国会に提出する方針という。出典(2019.2.9朝日新聞5頁) 

□ マイナンバーと戸籍 連携案 法制審議会は・・・戸籍情報とマイナンバーを連携させる戸籍法などの見直し案をまとめた。

出典(2019.2.2朝日新聞4頁)

□ 免許更新予約待ち長期化 高齢ドライバー 認知症対策強化 講習まで平均2か月

出典(2018.11.14読売新聞29頁)

□ 贈与非課税縮小し延長 政府・与党検討 教育や結婚資金

・・・現在の特例制度は、18年度いっぱいで期限が切れる。・・・贈与を受ける子や孫に所得制限を設けたり、資金の使い道を絞ったりするなどして優遇を縮小する方向だ。

出典(2018.11.13読売新聞11頁)

□ 養育費・賠償金 取り立てやすく 民事執行法の改正要綱答申

・・・確定判決等に基づいて裁判所に申し立てれば、相手の預貯金口座の残高や不動産などの財産関連の情報を指定した金融機関や公的機関から入手できる・・・。・・・養育費の取り立てに場合は、・・・元配偶者の勤務先情報も取り寄せられる。・・・相手を裁判所に出頭させ、財産を明らかにさせる仕組みも・・・

出典(2018.10.5朝日新聞7頁)

ポイ ント 最近の民法改正

□ 債権法(民法債権編)改正(2017.6.2公布、2020年4月1日施行)

 

・ 保証人の保護に関する改正

① 極度額の定めのない個人の根保証契約は無効とした。  

② 事業用の融資の保証人に個人がなる場合は、契約締結の1か月以内に、公正証書によって保証意思を表示することが義務付けられた。これがない契約は無効になります。 

③ 情報提供義務の新設

イ. 契約締結段階では、主たる債務者は、保証人に対し、「財産及び収支の状況」「主たる債務以外に負担している債務の有無及び履行状況」「主たる債務の担保として他に提供し、又は提供しようとしているもの」の情報を提供しなければならないこととなります。

ロ. 保証債務の履行前の段階では、主たる債務者は、保証人から請求があった場合は、 主たる債務の支払い状況について情報を提供しなければならないこととなります。

ハ. 債権者は、債務者が期限の利益を失ったときは、2か月以内に保証人に通知しなければならないこととなります。 

(以上参考文献:彩の国行政書士埼玉№.165 2019.10 5頁)    

 

・新たに定型約款の規定が設けられた。

・法定利息を5%から3%に引き下げ、市中金利変動制を導入した

・業種別の1年から3年の短期消滅時効を廃止し、消滅時効は原則5年に1本化した

・意思能力を有しないでした法律行為は無効であることを明文化した

・将来債権の譲渡(担保設定)が可能であることを明文化した

・賃貸借終了時の敷金返還や原状回復に関するルールを明文化した  

・「錯誤」による意思表示の効果を「無効」から「取消し」に改めた。今後は「取消し」の主張期間の制限を受ける。  

 

□ 相続法の改正(2018.7.13公布)

・ 自筆証書遺言の一部をワープロ等で作成可に(2019年1月13日施行) 

・ 「相続させる」遺言による不動産登記関係(2019年7月1日施行) 

・ 婚姻期間20年以上の夫婦相互間における自宅の贈与は、特別受益持ち戻しをしない(2019.7.1施行 ※生前贈与は2019年7月1日以降におこなわれたものについて適用。遺贈は遺言書等作成日付が2019年7月1日以降について適用) 

・  「預金の仮払制度」創設(2019年7月1日施行※相続開始が施行日前であっても適用される)  

・ 遺留分減殺請求権の金銭債権化(2019年7月1日施行) 

・ 「特別の寄与」の制度の創設(2019年7月1日施行※改正法は原則として施行日以降に開始した相続に適用される)  

・ 「配偶者居住権」「配偶者短期居住権」の創設(2020年4月1日施行※改正法は原則として施行日以降に開始した相続に適用)  

・ 自筆証書遺言を保管する制度の創設(2020年7月10日施行) 

 

□ 成年年齢の18歳への引き下げ 2022年4月1日施行

 

□ 婚姻適齢(結婚することができる年齢)統一 現行男18歳、女16歳を18歳に統一(2022年4月1日から)

 

□ 離婚した女性の再婚を禁じる期間が従来の6カ月から100日に短縮(100日以内でも、離婚時に妊娠していないことを医師が証明すれば認める)(2016.6.1 民法改正)

 

□ 平成25年9月5日以後に開始した相続について嫡出でない子の相続分も嫡出子と同等となった

平成25年9月5日前に被相続人が死亡した場合も、平成25年9月5日以後に開始した「相続」については、嫡出でない子の相続分も嫡出子と同等となった。

平成13年7月から平成25年9月5日までの間に開始した「相続」については、「確定的なものとなった法律関係」に該当しない場合には、嫡出でない子の相続分も嫡出子と同等となる。 

注意事 項 免許更新時「認知機能検査勉強法」特別頒布中。お申込は ➤ 》》

Q. 行政書士って何ができるの? ➤ 答え 

ポイ ント Coffee Break

➤ 新潟県魚沼地方の方言(2017.3.10更新)

➤ 写真ギャラリー


□ お役立ち情報 

ポイ ント 遺言状文例

ポイント 相続について法律で決まっていること

 

~相続する人や分け前は法律で決まっている~

 

相続の開始、遺産分割と遺産分割の実行の指定

➤ 相続人、相続の優先順位

遺産分割と法定相続分

➤ 非嫡出子の相続分

➤ 相続欠格

➤ 遺留分

➤ 遺留分減殺請求

➤ 遺留分の計算の仕方

➤ 相続回復請求

➤ 特別縁故者

➤ 内縁関係での「相続」 

➤ 夫が亡くなったので旧姓に戻る(復氏届)

➤ 養子縁組と離縁(養子縁組の解消)

 

~被相続人より先に子が死亡したら孫が相続~

 

➤ 代襲相続と数次相続 

 

 

 ~多額の借金がある場合は相続を放棄できる~

 

➤ 相続放棄 

➤ 限定承認

➤ 単純承認

➤ 財産分離

➤ 相続分の譲渡  

➤ 相続分なきことの証明書

 

~親の世話をした人は相続分が増える ~

 

 寄与分 ・特別寄与制度

 

~生前に特別にお金をもらっていたら相続分が減らされる~

 

➤ 特別受益