遺言状書き方講座
遺言状文例
遺言状作成支援
相続相談
相続サポート

終活・成年後見・墓じまい
離婚相談
離婚協議書作成支援
車庫証明
内容証明・契約書


 □ 取扱業務
➤ 相続人調査 
》》終活支援メニュー
》》その他

ポイント行政書士渡辺事務所

☎ 042-974-0617(9時~17時)

埼玉県飯能市川寺429-7

受付時間 火~土 9:00~16:00

休業日 月・日曜日、祝祭日、年末年始(12/29~1/3)

その他、臨時に休業することがございます。

 

注意事 項 ご来所相談は予約制です。

埼玉県行政書士会飯能支部監察部長

行政書士

渡邉文雄

☘  ご挨拶

行政書士渡辺事務所のHPをご覧いただきありがとうございます。当サイトは以下の方のために開設しています。

 

■ 遺言書の書き方について知りたい

■ 遺言を書いてみた。不備がないか確認してほしい。

■ 法務局の自筆証書遺言保管制度を使って遺言を作りたい。

■ 公正証書で遺言書を作りたい

 

■ 「相続」について知りたい

■ 相続があったが預貯金がおろせない。手続きを頼みたい

 

■ 離婚協議書の書き方について知りたい

■   離婚協議書案を書いてみた。専門家にみてもらいたい 

■ 公正証書で離婚協議書を作りたい

☘ 「全国対応」どこからでもお申込みが可能です。

☘ 気になるニュース  ➤ 》アーカイブ

□ 「「〇〇に基づいて」読み解くと? ・・・「速やかに/遅滞なく/直ちに」・・・求められるスピードで言うと、早い順に「直ちに/速やかに/遅滞なく」となる・・・・・・「遅滞なく」は、合理的な理由があれば遅れも許される。

・・・「~に基づいて」に近い用語には、「~により」「~に従い」「~を尊重」「意見を聞いて」などがある・・・「~により」「~に従い」は任命や指名を事実上拘束する。・・・「推薦に基づいて」は「推薦により」に近いくらい拘束力が強い。・・・よほどの事情が無ければ、推薦どおりに任命しなければならない・・・(2020.11.1朝日新聞26頁)

□ ニュージーランド安楽死を合法化へ ・・・18歳以上の国民か永住者が、余命6ヶ月以内の病気を患い、緩和できない苦痛を伴うなどの条件を満たした場合、安楽死を認める・・・。世界では、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、カナダ、コロンビア・・・豪州や米国など州によっては合法化されている・・・。(2020.10.31朝日新聞11頁)

□ 韓国では、2008年から、子どものいる夫婦については、離婚届と同時に、養育費の金額や受取口座、面会交流のスケジュールを決めて記入した養育協議書を家庭法院(家庭裁判所)に提出することが義務付けられ、養育費履行管理院という徴収機関が設置されている。(2020.10.7朝日新聞17頁)

□ 生保有無 家族照会OKに 42社一括で 認知機能低下や死亡時

「契約照会制度」を、生命保険協会が来年7月をめどに設ける。インターネットで協会に問い合わせる。(2020.9.19朝日新聞7頁)

□ 認知症の人の預貯金 家族おろしやすく 金融庁 業界に対応促す 

全国銀行協会が具体的な指針をつくる見通し(2020.7.16朝日新聞7頁)

□賠償金 毎月受取可 交通事故で障害 取り分減らず 最高裁 これまでは一括で受け取る「一時金」が慣例だったが、将来の利息分として半分以上差し引かれるケースもあり、被害者側の不満が多かった。一括で受け取る場合、中間利息が差し引かれる。(2020.7.10朝日新聞1頁)

□ 手書きの遺言 法務局で保管 7月10日から 1件3900円 保管先は遺言者の住所地・本籍地・所有不動産のある地のいずれかの地域の局。本人が自ら出向いて手続きが必要。(2020.6.28朝日新聞1頁)

□ 令和2年7月10日から法務局(登記所)による自筆証書遺言の保管制度が始まりました。この制度を使えば、家庭裁判所による検認が不要になります。費用(手数料)は3,900円のみです。

☘ 最近の民法等の改正

□ 成年年齢の18歳への引き下げ 2022年4月1日施行 

□ 婚姻適齢(結婚することができる年齢)統一 現行男18歳、女16歳を、18歳に統一(2022年4月1日から)

 

□ 債権法民法債権編)改正(2017.6.2公布、2020年4月1日施行)

■ 保証人の保護に関する改正

1. 極度額の定めのない個人の根保証契約は無効となった。  

2. 事業用の融資の保証人に個人がなる場合は、契約締結の1か月以内に、公正証書によって保証意思を表示することが義務付けられた。これがない契約は無効となった。 

3. 情報提供義務の新設

① 契約締結段階では、主たる債務者は、保証人に対し、「財産及び収支の状況」「主たる債務以外に負担している債務の有無及び履行状況」「主たる債務の担保として他に提供し、又は提供しようとしているもの」の情報を提供しなければならないこととなとなった。

② 保証債務の履行前の段階では、主たる債務者は、保証人から請求があった場合は、 主たる債務の支払い状況について情報を提供しなければならないことととなった。

③ 債権者は、債務者が期限の利益を失ったときは、2か月以内に保証人に通知しなければならないことととなった。  

■ その他の改正

4. 新たに定型約款の規定が設けられた。

5. 法定利息を5%から3%に引き下げ、市中金利変動制を導入した。

6. 業種別の1年から3年の短期消滅時効を廃止し、消滅時効は原則5年に1本化した。

7. 意思能力を有しないでした法律行為は無効であることを明文化した。

8. 将来債権の譲渡(担保設定)が可能であることを明文化した。

9. 賃貸借終了時の敷金返還や原状回復に関するルールを明文化した 。  

10. 「錯誤」による意思表示の効果を「無効」から「取消し」に改めた。今後は「取消し」の主張期間の制限を受ける。 

■ 詳しくは、》債権法改正 をご覧ください。

 

□ 改正民事執行法が施行され、令和2年4月1日以降は、養育費の取り立ては強制執行認諾約款付公正証書に基づいて裁判所に申し立てれば、元配偶者の勤務先情報、預貯金口座のある金融機関の支店名不動産などの財産関連の情報を入手できるようになりました。 法改正前に作成された公正証書であっても可能となります。

 改正前は、強制執行認諾約款付公正証書による履行強制の場合は、財産開示請求制度を利用することはできず、自分で元配偶者の口座がある銀行の支店を探して法務局などで銀行の代表者事項証明書などを取得する必要がありました。 

 

□ 相続法の改正(2018.7.13公布)

1. 「配偶者居住権」「配偶者短期居住権」の創設

2. 婚姻期間20年以上の夫婦相互間における自宅の贈与は、特別受益持ち戻しをしない(生前贈与・遺贈した自宅は遺産分割の対象から除かれることとなった。) 

3. 「預金の仮払制度」創設(遺産分割前でも預貯金の払い戻しができるようになった。) 

4. 遺留分減殺請求権の金銭債権化(遺留分減殺請求権から遺留分侵害額請求権に変更され、遺留分減殺請求は金銭で支払うことに限定された。) 

5. 相続人への生前贈与については、死亡前10年間にされたものに限り、遺留分算定の対象財産に算入するようになった。 

6. 「相続させる」遺言による不動産登記関係(不動産の相続に関し、法定相続分を超える部分については登記をしなければ第三者に対抗できないことになった。 )

7. 遺言執行者の権限の明確化等がなされた。  

8. 「特別の寄与」の制度の創設(「特別の寄与」の制度の創設され、相続人以外でも療養看護等を行った場合は金銭を請求できることになった。) 

9. 自筆証書遺言の一部をワープロ等で作成可になった。  

10. 自筆証書遺言を保管する制度の創設(2020年7月10日施行) 

■ 詳しくは、》相続法改正 をご覧ください。

 

□ 成年後見制度の改正(2016.4.13公布・10月13日施行) 

 改正法では,成年後見人は,成年被後見人の死亡後にも,個々の相続財産の保存に必要な行為,弁済期が到来した債務の弁済,火葬又は埋葬に関する契約の締結等といった一定の範囲の事務を行うことができることとされ,その要件が明確にされた。  

 

□ 離婚した女性の再婚を禁じる期間が従来の6カ月から100日に短縮(100日以内でも、離婚時に妊娠していないことを医師が証明すれば認める)(2016.6.1 民法改正)

 

□ 2013年(平成25年)9月5日以後に開始した相続について嫡出でない子の相続分も嫡出子と同等となった

2013年(平成25年)9月5日前に被相続人が死亡した場合も、2013年(平成25年)9月5日以後に開始した「相続」については、嫡出でない子の相続分も嫡出子と同等となった。

2001年(平成13年)7月から2013年(平成25年)9月5日までの間に開始した「相続」については、「確定的なものとなった法律関係」に該当しない場合には、嫡出でない子の相続分も嫡出子と同等となる。 

☘ 免許更新時「認知機能検査勉強法」特別頒布中。お申込は ➤ 》》

Q. 行政書士って何ができるの? ➤ 答え 

☘ Coffee Break

➤ 新潟県魚沼地方の方言(2017.3.10更新)

➤ 写真ギャラリー


□ お役立ち情報 

   

☘ 遺言状文例

遺言状文例

遺言条項例64

☘ 相続について法律で決まっていること 

 

♧ 相続する人や分け前は法律で決まっている 

相続の開始、遺産分割と遺産分割の実行の指定

➤ 相続人、相続の優先順位

遺産分割と法定相続分

➤ 非嫡出子の相続分

➤ 相続欠格

➤ 遺留分

➤ 遺留分減殺請求

➤ 遺留分の計算の仕方

➤ 相続回復請求

➤ 特別縁故者

➤ 内縁関係での「相続」 

➤ 夫が亡くなったので旧姓に戻る(復氏届)

➤ 養子縁組と離縁(養子縁組の解消)

 

♧ 被相続人より先に子が死亡したら孫が相続する 

➤ 代襲相続と数次相続  

 

 ♧ 多額の借金がある場合は相続を放棄できる 

➤ 相続放棄 

➤ 限定承認

➤ 単純承認

➤ 財産分離

➤ 相続分の譲渡  

➤ 相続分なきことの証明書 

 

♧ 親の世話をした人は相続分が増える 

 寄与分 ・特別寄与制度

 

♧ 生前に特別にお金をもらっていたら相続分が減らされる 

➤ 特別受益