離婚の手続きの流れ

~協議離婚の場合、離婚の手続きの流れ~

□ 養育費、財産分与、慰謝料などについて、取り決めを残さないで離婚すると、後になって請求しても取り合ってもらえない恐れがあります。「離婚協議書」を作成することをおすすめします。

 

□ 離婚届を出す前に「離婚協議書」を作成することをおすすめします(ただし、離婚を急ぐときや、養育費、財産分与、慰謝料がない場合は、「離婚届」を先に出すこともやむをえません。)

 

□ 連帯保証人になっているときはそれを外す手続きを忘れずに。 

 

□ 離婚協議書作成サポートについては、当事務所で行政書士がうけたまわります。 》離婚協議書等作成支援サービス をお申込みください。 

□ 事情により証人を頼める方がいない方には、当事務所で行政書士(又は補助者)が代行をうけたまわります。》離婚届証人代行 をお申込みください。

 

□ 相手が勝手に「離婚届」を出したときは、家庭裁判所に、「協議離婚無効確認」の調停の申し立てをする必要があります。


行政書士は街の身近な法律家

埼玉県行政書士会所属

行政書士渡辺事務所

行政書士・渡邉文雄

 

似顔絵

 離婚の手続きの流れ

 

STEP Step1 「離婚届」用紙を取り寄せ、記入します

 

□ 離婚届用紙は市区町村役場の窓口にあります。 

□ 離婚届には夫婦それぞれの署名・押印と、証人2名の署名・押印が必要です。証人は成人であれば誰でもできます。

□ 離婚届に離婚の理由は一切関係ありません。

 

 

STEP  step2離婚は、 離婚届を本籍地又は住所地の市区町村役場に提出し、受理されることによって成立します 

 

 

□ 提出するときに持っていくもの

 

① 離婚届 

② 戸籍謄本   ※ 本籍地以外の市区町村役場(住所地、一時滞在地の市区町村役場)に提出する場合は必要です。

③ 離婚届の印鑑 

④ 免許証・パスポートなど身分証明書 

⑤ 「離婚の際に称していた氏を称する届」 ※ 結婚時の姓を継続して名乗り、新しく自分を筆頭者とした戸籍をつくる場合 

⑥ 住民票  ※ 外国人と離婚する場合は必要です。

 

※ 夫婦揃って提出に行く必要はありません。 

※ 家族や他人に提出を依頼することもできます。 

※ 提出先は、本籍地または、住所地の市区町村役場のみとなります。 

※ 郵送で提出することもできます。 

 

 

STEP  step3 離婚に伴う役所への届け出、申請

 

① 住所や世帯の変更手続きを行います(住民票)

  

② 「子どもの戸籍」や「子どもの氏を変更」するときは、家庭裁判所に申し立てます。 

 □ 詳しくは、》離婚後の戸籍、子の氏 をご覧ください

 

 

STEP step4 その他、離婚したときの諸手続き

 

① 印鑑登録 

② 健康保険(専業主婦の場合、離婚後は自身で国民健康保険等健康保険に入る必要があります)、年金 (専業主婦の場合、離婚後は自身で国民年金等に入る必要があります)

 □ 年金分割については、 》年金分割 をご覧ください

 

③ 児童手当 

④ 児童扶養手当 

⑤ ひとり親家庭等医療費助成 

 

⑥ 銀行口座 (姓、住所)

⑦ 運転免許証の書き換え(姓、住所)、パスポート (姓、住所)

⑧ クレジットカード 

⑨ 自動車の名義変更 

 □ 自動車の名義変更については、 》自動車の名義変更の仕方 をご覧ください

 

⑩ 生命保険 (姓、住所)

⑪ 郵便局(住所)

 

□ 住宅ローン等で連帯保証人になっているときはそれを外す手続きを忘れずに行います。