公正証書遺言作成サポート

□ 公正証書遺言は、自由意思で遺言したことを公的な立場で保証してもらう遺言です。 

□ 公正証書遺言は紛失や偽造はありません。無効になることもまずありません。検認は不要です、遺言は早期に実現できます。 

□ 公正証書遺言の作成について公証人に手続き上の相談はできますが、遺言内容自体の相談は行政書士等の専門家に相談することをおすすめします。

 ポイン ト 公正証書遺言作成サポートうけたまわります 

□ 遺言者の思い、ご家族の状況、相続財産の状況などを考慮した、相続争いが起きにくい、相続手続きがスムーズにいく遺言の作成を当事務所がお手伝いいたします。  

□ 郵便、メール、電話による聞き取りを主にしたサポートにより、公正証書遺言書の作成が可能です。

□ 公証役場に出向くことができない場合、出張での対応も可能です(公証役場のある都道府県内に限ります)

 

□ 公正証書遺言作成サポート1回 21,600円(税込)~ ※証人手数料1名分を含んだ額です。

 

ポイン ト こんな方にオススメ!  

□ 財産が多い、相続人が多い、相続人同士の仲が悪い、法定相続分よりも損をする人がいる遺言、第三者(法定相続人以外)への遺贈がある、遺言で認知する、遺言で相続人の廃除をする(又は廃除の取り消し)をする。

□ 費用は多少高くてもいいので、紛失、偽造、変造、隠匿の恐れのない遺言を作りたい方。


 

埼玉県行政書士会所属

行政書士渡辺事務所

行政書士・渡邉文雄

 

似顔絵

ポイントお役立ち情報

ポイント 公正証書遺言作成サポートの流れ

 

STEP Step1お電話、FAXまたはお問い合わせフォームよりお申し込みください

ポイント つぎのボタンをクリック

埼玉/行政書士渡辺事務所

☎  050-3404-7859 

FAX 042-974-0617

 お問合せ・申込みフォーム・FAXは24時間365日受付中

お電話での問合せ・申込みは、9時~17時

STEP step2申込み確認のご連絡後、下記書類を郵送、またはご持参ください

1. 家族・親族関係(相続関係)を説明する図 

■ 相続人(法定相続人)と遺言者(被相続人)との関係を説明する図です。 

■ 作り方は 》相続関係説明図の作り方 を参考にご覧ください。

※ 簡単なもので構いません。

 

2. 申込書(用紙は本ページの末尾からダウンロードしてください)

 

3. 本人確認資料:遺言者の運転免許証、住民基本台帳カード、健康保険証、住民票のいずれかのコピー

 

 以上3点 

 

【宛先】〒357-0044 埼玉県飯能市川寺429-7 行政書士渡辺事務所 宛

 

※ 郵送中の事故に関して当事務所は一切の責任を負いかねます。

※ 郵送料はお客様負担となります。

 

□ 持参される方はお手数ですが事前にお電話にて来所日をご連絡のうえ、ご来所ください。 

STEP step3公正証書遺言作成サポート料(着手金)10,800円をお支払いください

【書類をご郵送された方】

 

□ 書類が届きましたら、書類受取りの確認と代金の振り込み先のご案内をいたします。

□ 当方からの連絡後、7日以内に指定の口座へお振込みをお願いします。

 

※ 7日以内にご入金がない場合はキャンセルとみなします。

※ 振り込み手数料はお客様のご負担でお願いいたします。

 

【書類を当事務所までご持参いただく方】

 

□ 来所された際にお支払いください。 

 

矢印

 

□ 公正証書遺言作成サポート料着手金のお支払いを確認後、公正証書遺言原案の作成に着手し、完成次第、郵送いたします。

 

STEP step4公正証書遺言原案の修正・追加事項の確認

□ 内容をご確認下さい

 

① 修正・追加等がないときは「確認書」に「なし」と記入のうえ、「業務委託書」に署名・捺印し、ご返送下さい。※公正証書遺言原案はお手元に保管ください。 

 Step5へ進みます。

 

② 修正・追加がある場合は、その内容を記載してご返送下さい。

 

矢印

 

□ 修正・追加の指示事項を反映した公正証書遺言原案(二次案)を作成しご郵送します。

 

 

 □ 上記遺言書案を、公正証書の内容となる法律行為等に関する資料として、公正証書遺言の作成を嘱託いたします。

 

STEP step5公正証書遺言作成に必要な下記の書類等をご用意のうえ、当方へご連絡ください

1.遺言者の印鑑証明書(作成後3ヶ月以内のもの)と実印

(または、運転免許証、旅券、船員手帳、身体障害者手帳、住基カードのいずれかでも可。)

 

2.遺言者の住民票

 

3.遺言者と相続人の関係(続柄)がわかる戸籍謄本

※ 財産を受ける相続人の続柄です。身分関係、相続人の氏名、生年月日等確認のため必要となります。 

※ 「戸籍謄本等の代行取得」をオプションサービスにて承ります。必要な場合はお申し付け下さい。

 

4.相続人以外に遺贈する場合

・ あげる相手の住民票(受遺者特定のため必要となります。手紙等も可)

 

5.遺贈する財産として下記のものを記載している場合

 

(不動産を記載しているとき)

・ 土地・建物の登記事項証明書固定資産評価証明書のコピー(または、固定資産税の納付書のコピー)、借地権の場合は賃貸借契約書のコピー

 

 (金融資産を記載しているとき)

・ 預貯金は通帳のコピー。株式・投資信託その他金融資産は種類、金額のメモ(公証人手数料算定のため必要となります。)

 

 (遺言者が受取人になっている生命保険を記載しているとき)

・保険契約書のコピー

 

(ゴルフ会員権や預託金債権を記載しているとき)

・ゴルフ会員証や預託金証書のコピー

 

(相続財産に負債を記載しているとき)

・ 借用書のコピー

 

6. お墓の管理・供養を指定する場合

・ お墓の使用契約書のコピー・所在地がわかる書面

 

7. 遺言執行者を指定する場合

・ 住所・氏名・生年月日・職業のメモ(なるべく住民票も)

 

8. 証人をご自分で依頼される場合

・ 証人の氏名、住所、生年月日、職業のメモ

以上 

 矢印

 

□ ご連絡をいただき次第、事前準備と公証役場との調整を行います。調整が完了しましたら、作成日時を予約してご依頼人様に連絡いたします。

 

※ 作成日時についてご希望の曜日等がある場合、事前にご連絡ください。

 

STEP step6予約した日時に、遺言者と証人に公証役場に出向いていただきます

 

※ 公証役場に出向くことができない場合、出張での対応も可能です。

 

1. Step 5で用意した必要書類等と、公正証書作成手数料、行政書士手数料(残金がある場合)をご持参ください。

 

2. 当日、証人は2名必要です。1名は当事務所員(行政書士)が担当いたします。もう1名も当事務所に依頼される場合には証人手数料として別途10,800円が必要となります。

(お申込みの際、予めご依頼ください)

 

※ 証人となる方は印鑑(認印可)をご持参ください。

 

【作成当日の流れ】 ※ 時間は概ね30分程度かかります。

 

① 公証人より、遺言者と証人に対して、内容確認のため、遺言の読み聞かせをします。

 

② 内容が正確であると確認できましたら、遺言者と各証人が署名、押印します。

 

③ 公正証書の正本と謄本(写し)を受け取り、公正証書作成手数料をお支払いください。

 

※ ご本人のご家族等も同行できますが、公正証書の作成手続き時は、原則としてその場に同席できません。

 

□ 以上の事務処理が終了した時点で業務完了とします。料金明細をご確認のうえ現地で行政書士料金(着手金を控除した額)をご清算ください。

 

矢印

 

STEP step7保 管

1. 遺言書原本は公証役場で保管されます。正本・謄本は遺言者が保管します(遺言執行者がいるときは、正本は遺言執行者が保管します)。

 

2. 遺言書が相続時に発見されないと困ります。確実に見つけてもらうため、作成したことを相続人に伝えておくことをお勧めします。

ポイン ト 公正証書遺言作成サポート料金 

【Ⅰ】 行政書士報酬

 

① 基本報酬 

・ 遺言事項5項目まで21,600円。以降、5項目増える迄ごとに10,800円増。

※ 証人手数料1名分を含みます。 

※ すべて着手金を含みます。

※ 遺言書原案の起案・作成のご指導。公証人との打ち合わせ、同役場への同行、認証手続き等。

 

 

【Ⅱ】 証人を2名ともご依頼いただく場合、1名分の証人手数料10,800円の追加をお願いします。

ポイント 公正証書遺言作成サポート申込書(ダウンロードし印刷してご使用ください)

ダウンロード
遺言書作成申込書(共通).pdf
PDFファイル 257.3 KB

ポイン ト 遺言書作成関連取り扱い業務