法務局に自筆証書遺言を保管する制度の創設


行政書士は街の身近な法律家

埼玉県行政書士会所属

行政書士渡辺事務所

行政書士・渡邉文雄

 

似顔絵

1. 自筆証書遺言保管制度の創設

 

 遺言書の保管等に関する法律が成立し、法務局に自筆証書遺言を保管する制度が創設されます(H30.7.13公布・2020年7月10日施行)。

 これまでは、自筆証書遺言は紛失するなどの恐れがありましたが、法務局で保管してもらうことで、紛失や改ざんの恐れがなくなります。

 また、この制度を使った場合、遺言書の「検認」は必要なくなります。 

なお、保管時の法務局のチェックは自署、押印、署名など形式面、外観のチェックのみです。

 

 

2. 法務局に自筆証書遺言を保管する手続き

 

 保管できるのは、封のされていない、法務省令で定める様式に従って作成された自筆証書による遺言書です。

 遺言作成者本人が、遺言者の住所地若しくは本籍地又は遺言者が所有する不動産の所在地を管轄する法務局(遺言書保管所)に保管を申請します。

 

 保管の申請等には手数料が必要です。

 

 

3. 遺言者死亡後の遺言書の有無の調査等

 

 遺言者の死亡後、相続人等は法務局(遺言書保管所)に保管の有無を調べることができます。また、保管されている場合は、閲覧することができます。

 

 


ポイントご自分で書かれた遺言書の点検をご希望の方

➤ 遺言書添削

ポイン ト遺言書作成サポート

➤ 自筆証書遺言作成

➤ 公正証書遺言作成 

➤ 秘密証書遺言作成