成年後見制度

□ 「成年後見制度」とは、認知症などで判断能力が低下したときに、財産管理などを代理してもらう制度です。

 

□ 成年後見には「法定後見」と「任意後見」の二つがあります。

「法定後見」の対象になるのは、既に判断能力が低下している方です。「任意後見」契約を結べるのは現在判断能力がある方です。

 

□ 「法定後見」では家庭裁判所が後見開始の審判を行い「後見人」を選任します。「任意後見」では本人が後見人を選び、契約により依頼します。両者の違いは本人の意向が反映されるか否かにあります。

 

□ 成年後見についての相談、後見業務サポートをする組織として、行政書士会にコスモス成年後見サポートセンター埼玉県支部(℡ 048-833-0647)があります。


行政書士は街の身近な法律家

埼玉県行政書士会所属

行政書士渡辺事務所

行政書士・渡邉文雄

 

似顔絵

1. 「成年後見制度」とは 

 

 「成年後見制度」とは、認知症などで判断能力が低下したときに、「後見人」に財産管理や日常取引(介護サービスの利用契約・支払い 、年金の受け取り など)を代理してもらう制度です。

 認知症と診断されると、家族が施設に入所させようと思っても、「後見人」がいないと本人の預金をおろすこともできません。

 

 

2. 成年後見制度の種類

 

 成年後見には、「法定後見」と「任意後見」の二つがあります。 

 

① 「法定後見」の対象になるのは、既に判断能力が低下している方です。法定後見では家庭裁判所が後見開始の審判を行い「後見人」を選任します。

 

② 任意後見では本人があらかじめ「後見人(後見人予定者=後見人受任者)」を選び契約します。「任意後見」契約を結べるのは現在判断能力がある方です。

 

 両者の違いは、後見人を選ぶのに本人の意向が反映されるか否かにあります。

 

 

3. 法定後見人と任意後見人の権限の違い

 

 法定後見人と任意後見人の権限の相違点として、任意後見人には、契約など本人がした法律行為への同意権はありません。本人が騙されたり詐欺にあった場合なども、本人がした法律行為を取り消すことはできません。

 これに対し、法定後見人は原則として本人がした法律行為を取り消すことができます。

 

 

4. 一人暮らしの高齢者と任意後見 

 

 一人暮らしの高齢者や、子どものいないご夫婦で相手が先に逝ってしまった場合は、任意後見制度は特に重要です。

 自らが望む老後を実現するためには、判断能力がしっかりしているうちに後見人予定者=後見人受任者を自分でさがし、任意後見契約をしておくことが不可欠です。


ポイント 任意後見契約等サポートサービスをご希望の方

 

➤ 任意後見契約作成サポート 

 

➤ 財産管理委任契約サポート

➤ 死後事務委任契約書作成サポート

➤ 遺言書作成支援