契約文の注意点と正しい用語の使い方

勘違いで作成しトラブルを招かないよう注意する

行政書士は街の身近な法律家

埼玉県行政書士会所属

行政書士・渡邉文雄

 

似顔絵

ポイント 関連情報 

正しい、遺言文章の書き方  

遺言文・正しい用語の使い方

➤ 離婚協議書・正しい用語の使い方 

➤契約文の注意点と正しい用語の使い方

1. 契約文の注意点 

 

(1) あいまいな記載をしないで明確に書く、解釈の余地を残すような表現をしない

 

① 「いつ」支払うか、支払時期を明確に書く。 

② 月払い、半年払い、年払いの区別を書く。 

③ 数量については、副詞で表現せず、数字で表現するようにしましょう。

④ 「著しく」「本格的に」など、はっきりしない語句を、条件を定める文言に使わない。 

⑤ 主語を省略しない(文章が多少冗長になってもやむを得ません)。 

⑥ 代名詞はなるべく使わない。  

 

(2)期間に関する表記の仕方

 

① 期間に関する表記は、翌日を数えはじめの日とする(初日不算入の原則)。

 

② 月単位で期間を定めるとき(例;令和元年5月2日から2か月間)は、最後の月において、その起算日に応当する日の前日(例;令和元年7月1日)を末日とする。

 

③ 年単位で期間を定めるとき(例;令和元年5月2日から2年間)は、最後の年において、その起算日に応当する日の前日(例;令和3年5月1日)を末日とする。  

 

④ 期間に関する表記は、末日が日曜日、祝祭日にあたるときは、その日に取引をしない慣習があるときは、翌日を末日とする。

 

2. 契約文の正しい用語の使い方  

 

(1)「推定する」と「みなす」 の使い方

 

■ 「A円の損害があったものと推定する」と規定した場合に、実際の損害がB円と立証できた場合は、B円の損害が認定されます。

 

■ 「みなす」の場合は、実際の損害がいくらであろうと、A円の損害が認定されることとなります。    

 

(出典:淵邊善彦(2017)『契約書の見方・作り方』日本経済新聞出版社.46-50頁)

 

3. 条文の見出しの表記

 

 条文の見出し「第〇条(〇〇〇〇)」は、条文の内容を分かりやすく、簡潔に表現します。 

 

ポイント 関連取り扱い業務

▼ 遺留分侵害額請求通知書(内容証明)(22,000円)  

 

▼ 養育費請求通知書(内容証明)(22,000円)

 

▼ 契約書等作成(11,000円~) 

※ 契約の内容により異なります。代理人として作成できます。

 

▼ 告発状・告訴状作成(11,000円~) 

※ 内容により異なります。

 

▼ 督促状作成(11,000円~) 

※ 内容により異なります。法的主張が相手と全く違うときはお受けできません(金銭的主張の違うときを除く)。