死後離婚

~亡夫の両親(義父母)の扶養義務を解消する「死後離婚」~

 「姻族関係終了届」を提出すれば、亡夫の両親(義父母)の扶養義務はなくなります。夫からの相続に影響はありません。相続財産を返す必要はありません。遺族年金は受給できます


行政書士は街の身近な法律家

埼玉県行政書士会所属

行政書士渡辺事務所

行政書士・渡邉文雄

 

似顔絵

ポイント関連情報

 

 

1. 「死後離婚」

 

□ 「死後離婚」とは、配偶者の死後、その血族との縁を切ることで、「姻族関係終了届」を提出すれば成立します。

 

□ 配偶者が亡くなった後も、配偶者の妻には義父母を「扶養する義務」があります。一方、義父母からの「相続分」はありません。

 

□ 姻族関係終了届を提出すれば、配偶者の親族との姻族関係を終わらせることができ、配偶者の両親に対する扶養義務は原則なくなります。

 

 

 □ 「姻族関係終了届」は、・・・2016年度には全国で4032件が届けられた。この10年間で2.2倍に増えている。(2018.1.8朝日新聞25頁) 

 

□ 「姻族関係終了届」を出すと、夫の両親(義父母)に対する扶養義務は、原則なくなります。遺産相続の権利とは関係ありません。これによって、夫の両親に対する扶養義務は原則なくなります。

 

 

2. 姻族関係終了届の届け出期間

 

□ 夫(配偶者)が亡くなったら、妻はいつでも自由に「姻族関係終了届」を提出し、夫の親族との姻族関係を終わらせることができます。

 

 

4. 「姻族関係終了届」の届け出方法

 

□ 「姻族関係終了届」は「復氏届」を出さなくても提出することができます。 

□ 「姻族関係終了届」は本籍地か住所地の市区町村に提出します。 

□ 「姻族関係終了届」を提出すると、戸籍の身分事項欄に記載されます。 


ポイン ト  相続書類等作成支援サービス