離婚のあれこれ~離婚、離婚協議書の書き方について調べる~



□ 離婚するときの4大問題は、お金のこと、子どものこと、世間体、そして精神的ストレスです。 

□ 離婚にはチャンスとタイミングがあります。決断したら、離婚の問題に対し対策を立てます。 

□ 市役所で離婚に伴って受けられる福祉サービスを確認します。

□ 離婚関連の情報 

ポイント離婚について知る

ポイント離婚協議書の書き方

ポイント 一口メモ~平成28年6月1日民法の改正

 離婚した女性の再婚を禁じる期間が従来の6カ月から100日に短縮されました。

 なお、100日以内でも、離婚時に妊娠していないことを医師が証明すれば認める規定も盛り込まれています。

ポイント 一口豆知識

 離婚により姻族関係も終了しますが、姻族関係があったことによる婚姻障害は残ります。例えば、離婚した妻が前夫の父と結婚することはできません。また、離婚した夫が前妻の連れ子と結婚することはできません。(民法735条)

 

□ 離婚関連のサポートサービス 

◆ 事情により証人を頼める方がいない方、行政書士(又は補助者)が代行をうけたまわります。

◆ ご郵送いただければ、署名・捺印し返送いたします。

◆ 料金

・ 証人手数料 1人 5,400円(2人 10,800円)

・ 返送用郵送料 実費

➣ 離婚届証人代行 (離婚協議書作成をご依頼いただいた場合は、証人手数料は無料です)

ポイント 申し込み・問い合わせ先

行政書士渡辺事務所

〒357-0044埼玉県飯能市大字川寺429番地7

☎  050-3404-7859

FAX 042-974-0673

◆ 受付時間 火~土 9:00~16:00

◆ 休業日 月曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12/29~1/3)

 その他、臨時に休業することがございます。

◆ お越しの際は、事前にお電話等にて来所日をご予約ください。