自筆証書遺言作成サポートサービス(遺言書下書きサービス)

□ 公正証書遺言を作ろうと思ったが、費用もかなりかかるし、中々手がつかない・・・。そんな方は、先ずは自筆証書遺言を書いてみませんか。

 

 ポイン ト 自筆証書遺言はこんな方にオススメ!   

 

□ 遺言について専門家のアドバイスが欲しい

□ 費用はなるべく安くしたい

□ 急いで遺言書を作りたい

□ 遺産として残す財産が変わるかもしれない

 

ポイン ト 自筆証書遺言作成サポートうけたまわります

 

□ 遺言者の思い、ご家族の状況、相続財産の状況などを考慮し、相続争いが起きにくい、相続手続きがスムーズにいく遺言書の作成をサポートします。 

□ 郵便やメール、電話によるサポートで、自宅に居ながら正しい遺言書の作成が可能です。

 

□ 自筆証書遺言作成サポート(遺言書下書き)サービス料金 1回 10.800円(消費税込み)

注意事 項 民法改正(30.7.13公布)により、これまでは、自筆証書遺言は全てを自分で書かなければなりませんでしたが、本文を自筆で書けば、財産目録はパソコンで作ることができるようになりました。(施行;平成31年1月13日) ※施行日以降に作成された遺言について適用されます。

 

注意事 項 遺言書の保管等に関する法律(30.7.13公布)が成立し、法務局に自筆証書遺言を保管する制度が創設されます。自筆証書遺言は紛失するなどの恐れがありましたが、法務局で保管してもらうことで、紛失や改ざんの恐れがなくなります。また、この制度を使った場合、遺言書の「検認」は必要なくなります。(施行は2020年7月10日)


埼玉県行政書士会所属

行政書士渡辺事務所

行政書士・渡邉文雄

 

似顔絵

ポイント 自筆証書遺言作成の流れ

STEP Step1お電話」、「FAX」または「お問合せフォーム」よりお申し込みください

 

ポイント つぎのボタンをクリック

埼玉/行政書士渡辺事務所

☎  050-3404-7859 

FAX 042-974-0617

 「お問合せ・申込みフォーム」・「FAX」は24時間、365日受付中

お電話は、9時~17時

STEP step2当方からのお申込み確認のご連絡後、下記書類を郵送(または、ご持参)ください

① 家族・親族関係(相続関係)を説明する図 

■ 相続人(法定相続人)と遺言者(被相続人)との関係を説明する図です。 

※ 簡単なもので構いません。作り方の参考は 》相続関係説明図の作り方 をご覧ください。)

 

②  申込書(用紙は本ページの末尾からダウンロードして印刷して下さい)

 

以上2点

 

【宛先】〒357-0044 埼玉県飯能市川寺429-7 行政書士渡辺事務所 宛

 

 ※ 郵送中の事故に関して当事務所は一切の責任を負いかねます。

 ※ 郵送料はお客様負担となります。

 

□ ご持参される方はお手数ですが事前にお電話にて来所日をご連絡のうえ、ご来所ください。 

STEP step3着手金5,400円をお振込みください

 

□ 当方に書類が届きましたら代金の振り込み先のご案内をいたします。7日以内に指定の口座にお振込みをお願いします。

 ※ 着手金は行政書士基本報酬のうち半額を頂戴しております。

 ※ 7日以内にご入金がない場合はキャンセルとみなします。

 ※ 振り込み手数料はお客様のご負担でお願いいたします。

 

【書類を当事務所までご持参いただく方】 

□ ご来所された際にお支払いください。

 

矢印

 

□ 着手金の入金確認後、原案の作成に着手し、完成次第、郵送いたします。

 

STEP step4修正・追加があるときは

□ 原案の内容をご確認下さい。修正・追加がある場合は、その内容を記載してご返送下さい。

 

矢印

 

□ 修正・追加の指示事項を反映した遺言書原案(二次案)を作成しご郵送します。

 

STEP step5自筆証書遺言作成サポート料(残額)をお支払いください

□ 返信に代金の振込先のご案内を同封しますので指定の口座にお振り込みをお願いします。

 矢印 

STEP step6遺言者が自書で清書します

□ 自筆証書遺言は自書でなければなりません。必ず自書で清書してください。

 

1. 黒のボールペン等消えないもので、長期保存に耐えうる用紙を使用し清書します。

 

2. 作成日付を記入するとともに遺言の末尾に戸籍通りに姓名を署名し、捺印(実印が望ましい)を忘れずに行います。

 

3. 二枚以上になる場合は同じ印鑑で契印(割印)を押し、ホッチキス等で止めます。

 

STEP step7 封入(任意です)

※ 封筒に入れ封をすることは、法律で定められているわけではありません。勝手に読まれないため、紛失しないよう任意に行うものです。

 

1. 遺言書を書き終えたら封筒に入れ、表書には「遺言書」と記載し、裏に作成日を書いて署名・捺印してください(遺言書末尾に捺印したものと同じ印鑑で)。

 

2. 「開封せずに家庭裁判所に提出すること」と添え書きしておきましょう。うっかり開封してしまうことを防げます。
3. 封筒に遺言書と一緒に本人のメモなど筆跡を証明できるものと印鑑証明を入れておくと、相続開始時の家庭裁判所での遺言書の「検認」手続がスムーズにいきます。 
 

STEP step8 保管

□ 見つけやすい場所に保管しておくと、相続前に見つけられて、偽造・変造される危険があります。一方、見つけにくい場所は、相続時に発見されないおそれがあります。相続発生時に遺言の存在がすぐわかるようにし、また、偽造、変造、隠匿を防ぐためには、配偶者等信頼できる人に預けるのがよいでしょう。あるいは、目立つよう袋に入れ、遺言書と書き、金庫などに保管し、信頼できる人に書いたことを話しておくこともおすすめです。

注意事 項  遺言書の保管等に関する法律が成立し、法務局に自筆証書遺言を保管する制度が創設されます(H30.7.13公布・2020年7月10日施行)。 

 

 法務局で保管してもらうことで、紛失や改ざんの恐れがなくなります。

 また、この制度を使った場合、遺言書の「検認」は必要なくなります(ただし、保管時の法務局のチェックは自署、押印、署名など形式面、外観のチェックのみ)。  

 法務局に自筆証書遺言 保管を委託する場合は、遺言作成者本人が、法務局(遺言書保管所)に封をしないで持参し保管を申請します。

ポイント 自筆証書遺言作成申込書(ダウンロードし印刷してご使用ください)

ダウンロード
遺言書作成申込書(共通).pdf
PDFファイル 257.3 KB

ポイン ト  遺言書作成関連取り扱い業務