秘密証書遺言作成サポート

ポイン ト こんな方にオススメ!  

 

 □ 秘密証書遺言は、公証人が、遺言者が書いた遺言書(または代筆の遺言書)を封書に入れ、そこに提出した日付および遺言者の申述を記載して 署名・押印、封印する遺言書です。

 

□ 遺言書を書くよう頼んでいるがものぐさで書いてくれない。代筆をたのみたい。

□ 書いたことを誰にも内容を知られないように遺言書を作りたい 。 

 

 ポイン ト 秘密証書遺言作成サポートうけたまわります 

 

□ 遺言者の思い、ご家族の状況、相続財産の状況などを考慮し、相続争いが起きにくい、相続手続きがスムーズに行く遺言の作成を当事務所がお手伝いいたします。

□ 郵便やメール、電話による聞き取りを主にして、簡便、手軽に正しい遺言書が作成できます。 

 

□ 秘密証書遺言作成サポート料金 21,600円(税込)  

 


埼玉県行政書士会所属

行政書士渡辺事務所

行政書士・渡邉文雄

 

似顔絵

ポイント 秘密証書遺言作成の流れ

 

STEP Step1お電話」、「FAX」または「お問合せフォーム」よりお申し込みください

 

ポイント つぎのボタンをクリック

埼玉/行政書士渡辺事務所

tel   050-3404-7859 

fax  042-974-0617

 「お問合せ・申込みフォーム」・「FAX」は24時間、365日受付中

お電話は、9時~17時

STEP step2当方からのお申込み確認のご連絡後、下記書類を郵送(又はメールで送信かご持参)ください

 

① 家族・親族関係(相続関係)を説明する図 相続人(法定相続人)と遺言者(被相続人)との関係を説明する図です(記入用紙は本ページの末尾からダウンロードして印刷して下さい) 

②  申込書(用紙は本ページの末尾からダウンロードして印刷して下さい) 

 以上2点

  

【宛先】〒357-0044 埼玉県飯能市川寺429-7 行政書士渡辺事務所 宛

 

※ 郵送中の事故に関して当事務所は一切の責任を負いかねます。

※ 郵送料はお客様負担となります。

 

□ 持参される方はお手数ですが事前にお電話にて来所日をご連絡のうえ、ご来所ください。

STEP step3着手金をお支払いください

 

※ 着手金は行政書士基本報酬の半額を頂戴しております。

 

□ 当方に書類が届きましたら、代金の振り込み先のご案内をいたします。7日以内に指定の口座へお振込みをお願いします。

 

※ 7日以内にご入金がない場合はキャンセルとみなします。

※ 振り込み手数料はお客様のご負担でお願いいたします。

 

【書類を当事務所までご持参いただく方】

 

□ 来所された際にお支払いください。

 

矢印

 

□ 着手金のお振込みを確認後、原案の作成に着手し、完成次第、郵送いたします。

 

STEP step4修正・追加

□ 修正・追加がある場合は、その内容を記載してご返送下さい。

修正・追加等がないときは「なし」とご返信下さい。※遺言書原案はお手元に保管ください。 Step6へ進みます。)

 

矢印

 

□ 修正・追加の指示事項を反映した遺言書原案(二次案)を作成しご郵送します。

 

 

 

□ 上記遺言書原案を基に秘密証書遺言書を作成します。

 

STEP step5署名・捺印と封印・封入

 

 1.内容をご確認いただき、遺言書の末尾に姓名を、戸籍通りにご自分で手書きで書き、捺印してください。

 

■ 証拠能力が高いため実印を使うのが良いとされています。 

■ 作成日は記載不要です(公証人が提出を受けた日が基準となります)。 

■ 》「加除訂正の方法」は、自筆遺言書と同様です。 

■ 二枚以上になる場合は捺印に使用した印鑑を使って契印(割印)を押し、ホッチキスで止めます。

 

2.封入・封印

 

■ 遺言書を大きめの封筒に入れ、証書に用いた印章で封印してください。 

■ 表書には「遺言書」と記載してください。 

■ 封筒に遺言書と一緒にメモなど本人の筆跡を証明できるものと印鑑証明を入れておくことをおすすめします。(相続開始時に家庭裁判所での遺言書の検認手続がスムーズになります。) 

署名・捺印と封印・封入が完了しましたら、当方へご連絡ください)

※ 作成日時についてご希望の曜日等がある場合、事前にご連絡ください。

 

 

矢印

 

□ ご連絡をいただき次第、事前準備と公証役場との調整を行い、作成日時を予約してご依頼人様に連絡いたします。

 

 

STEP step6予約した日時に、公証役場に出向いていただきます

 

 【当日ご持参いただくもの】

 

1.封入封印した遺言書

2.印鑑証明書(3ヶ月以内に作成したもの)と 実印

3.その他公証人から指示されたもの

4.公正証書作成手数料。

 

【証人について】

1. 当日、証人は2名必要です。1名は当事務所員(行政書士)が担当いたします

 

2. もう1名も当事務所に依頼される場合、証人手数料として別途10,800円が必要となります。(予めご依頼ください。)

 

3. 証人となる方は印鑑(認印可)をご持参ください。

 

【作成当日の流れ】

 

1.公証人と証人2人の前で、遺言者は封印した遺言書封書を公証人に提出し「自分の遺言書である旨と、氏名、住所、職業、生年月日、及び、遺言書筆記者(行政書士)の氏名・住所」を申述します。

 

2.公証人が、封紙(封筒)にその遺言書を提出した日付と遺言者の申述内容を記載します。

 

3.遺言者、証人二人、公証人がそれぞれ署名・捺印します。この遺言者署名に代署は認められません。必ず、自らしなければなりません。

 

4.遺言の入っている封筒を大きな封筒に入れ、その封筒に封紙の文言を記載します(又は、遺言書の入っている封筒に封紙の文言を記載した用紙をはりつけて契印する)。

 

5.遺言書の入った封筒を受け取り、公正証書作成手数料を支払います。

 

□ 以上の事務処理が終了した時点で業務完了とします。

 

□ 料金明細をご確認のうえ行政書士料金(着手金を控除した額)を、現地でご清算ください。

 

矢印

 

STEP step7保 管 

 

□ 見つけやすい場所に保管しておくと、相続前に見つけられて、隠匿される危険があります。一方、見つけにくい場所は、相続時に発見されないと困ります。 相続発生時に遺言の存在がすぐわかるようにし、また、隠匿を防ぐためには、配偶者等信頼できる人に預けることをおすすめします。 あるいは、目立つよう袋に入れ、遺言書と書き、金庫などに保管し、信頼できる人に書いたことを話しておくこともおすすめです。

 

注意事 項  秘密証書遺言は死亡時に家庭裁判所での開封・検認が必要です。葬儀のとき見て欲しい内容は、遺言書とは別にエンディングノートなどにも書いておきましょう。 

ポイン ト 料 金

【行政書士報酬】 21,600円(消費税込み)

 

※ 証人を2名ともご依頼いただく場合、証人1名分の手数料として10,800円の追加をお願いいたします。(1名分は報酬に含まれています)

ポイント申込書(ダウンロードし印刷してご使用ください)

ダウンロード
遺言書作成申込書(共通)R.pdf
PDFファイル 239.3 KB

ポイント相続関係説明図記入用紙(ダウンロードし印刷してご使用ください)

ダウンロード
相続関係説明図記入用紙(遺言).pdf
PDFファイル 116.9 KB

ポイン ト 遺言書作成関連取り扱い業務