親や夫にこころよく遺言を書いてもらうには

「遺言書を書いてくれ」とは、なかなか言い出しにくいものです。また、遺言に関する話しには無意識に拒絶反応が起こりがちで、素直に「はい」はめったに出てきません。


行政書士は街の身近な法律家

埼玉県行政書士会所属

行政書士渡辺事務所

行政書士・渡邉文雄

 

似顔絵

1. 「遺言書を書いてくれ」と頼む前に、何故遺言を書いてもらいたいのか、整理します

 

 遺言書を書いてほしい理由を、自分なりに整理してから、「遺言書を書いてくれ」と頼みましょう。

 

(今どきの相続事情)

 昨今、遺産が多かろうが少なかろうが、大なり小なりもめごとは必ず起こる、と言われます。

 その背景には、長い間、実態として続いてきた「家督相続制度」に基づく考え方が薄れてきたことがあります。

 すなわち親の財産は長男が引き継ぐもの、という意識が薄れ、法定相続分での相続を主張する時代になったからです。

 

(争族は家族をバラバラにします) 

 相続で争ってしまうと、もう元の関係には戻れません。

 家族がもめることなく仲良く暮らしてほしいという願いを叶えるためには、被相続人の気持ちを遺言という形にしてもらうことが必要です。

 被相続人の意思が伝われば、家族は尊重し、相続は円満に進みます。

 

 遺言の無い遺産は家族の争いの種となります。遺言書は遺産分割のもめ事を防ぐ黄門様のご印籠となります。

 

 

2. いつ話を切り出せばいいか

 

 お盆やお彼岸、身近な人が亡くなったときや知人の葬儀があったとき、テレビで有名人の葬儀のニュースが流れたときなどに自然な感じで話題にします。 

 還暦、古希、喜寿、傘寿、米寿は、遺言を書いてもらうよい機会です。

 

 


ポイントご自分で書かれた遺言書の点検をご希望の方

➤ 遺言書添削

ポイン ト遺言書作成サポート

➤ 自筆証書遺言作成

➤ 公正証書遺言作成 

➤ 秘密証書遺言作成