遺言信託(遺言による信託)で長女に妻の面倒をみてもらう文例

行政書士は街の身近な法律家

埼玉県行政書士会所属

行政書士渡辺事務所

行政書士・渡邉文雄

 

似顔絵

遺 言 書

   

 

 遺言者〇〇〇〇は、遺言者の有する別紙記載の預金を信託財産として、次のとおり信託を設定する。

 

第1条 信託の目的

 

 遺言者の有する第2条記載の預金を信託財産として管理運用を行い、妻〇〇〇〇(昭和△△年△月△日生)の生活資金、医療費等の給付を行うことを目的とする。

 

第2条 信託財産

 

 別紙記載の預金を信託財産として管理運用及び処分を行うものとする。

 

第3条 受託者

 

 遺言者の長女〇〇〇〇(昭和△△年△月△日生)

 

第4条 信託の期間

 

 遺言者の妻〇〇〇〇の死亡もしくは信託財産の消滅までとする。

 

第5条 受益者

 

 遺言者の妻〇〇〇〇(昭和△△年△月△日生)

 

第6条 信託財産の給付方法

 

 受託者は、受益者に対し本遺言の効力発生後毎月、信託財産から、受託者が相当と認める生活費を受益者に手渡し、または債権者に支払う。

 

第7条 管理に必要な事項

 

(1)  信託財産については、信託に必要な換金等を行い、又は名義変更等を行う。

 

(2)  信託財産の金融機関への預金等、保存行為及び管理運用に必要な措置は、受託者がこれを行う。

 

(3)  受託者は、毎年△月末日現在の信託財産の内容を受益者に報告する。

 

第8条 信託終了時の残余財産の帰属権者

 

 残余の信託財産については、長女〇〇〇〇に帰属させる。

 

   (別紙省略)

 

 令和△△年△△月△△日 

 

 

                   (遺言者住所)

 

  遺言者   〇〇〇〇  印


ポイン ト ここが遺言(相続)のポイント

□ 自分が死亡した後の、支援を必要とする妻の援助方法としては、

 

① 遺言による信託を設定して妻の支援を依頼する方法(遺言信託)があります。

 

 遺言信託とは遺言により信託を設定することです。遺言で、受託者に対し、受益者のために遺言者の財産を管理・給付・処分をすべき旨の信託を設定します。

 

 遺言作成前に、受託者と信託内容について話し合い、確認しておく必要があります。

 

② 遺言により財産を遺贈して妻の支援を依頼する方法(負担付き遺贈)があります。

 

③ 自分が死亡することを条件として妻を受益者とする「信託契約」をする方法(遺言代用信託)があります。

 

 遺言代用信託とは、契約による信託であるが、遺言のような機能を持たせた信託のことをいいます。委託者生存中の当初は自らを受益者として効力を発生させた上で、委託者が死亡した時に、指定した者に受益権を承継させます。

 

 

※ 信託銀行の財産承継信託

 信託銀行が財産の管理運用を受託し、被相続人の死後、残された相続人等が安定した生活がおくることができるよう、収益を計画的に渡します。

注意事 項  本文例はあくまでも一例です。遺言者のご希望はもとより、推定相続人や遺贈したい人の状況、相続財産の状況などによって遺言文は違ってきます。

 あなたのご遺族のあいだに相続争いが起きにくい遺言書、ご遺族が相続手続きをしやすい遺言書、あなたの思いを実現する最適な遺言書の作成を当事務所がお手伝いいたします。


ポイント ご自分で書かれた遺言書の点検をご希望の方

遺言書添削

 

ポイント 遺言書の作成サポートをご希望の方

自筆証書遺言作成

公正証書遺言作成 

秘密証書遺言作成