未成年後見人を指定する遺言文例


行政書士は街の身近な法律家

埼玉県行政書士会所属

行政書士渡辺事務所

行政書士・渡邉文雄

 

似顔絵

遺 言 書

   

 遺言者〇〇〇〇は、以下のとおり遺言する。

 

第 条 遺言者は、未成年者である長女○○○○(昭和△△年△月△日生)の未成年後見人として、次の者を指定する。 

 

 住所 

 氏名

 職業

 生年月日

 

 令和△△年△△月△△日

 

 

                    (遺言者住所)

 

  遺言者   〇〇〇〇  印


ポイン ト ここが遺言(相続)のポイント

□ 親権者が一人しかいない場合は、親権者(管理権を持つ場合に限る)は、遺言で、未成年後見人を指定することができます。 

 

□ 未成年後見人の指定は遺言でしなければなりません。

 

□ 親権者が一人しかいない場合は、親権者となった親が死亡したとしても、もう一方の親が親権者に復活することはありません。その場合は、未成年後見が開始となります。ただし、もう一方の存命している親が、家庭裁判所に親権者変更の申し立てを行うことができます。

 

 

□ 未成年後見人は複数選任することができます。また、法人を選任することができます。(平成24年4月1日施行)

注意事 項  本文例はあくまでも一例です。遺言者のご希望はもとより、推定相続人や遺贈したい人の状況、相続財産の状況などによって遺言文は違ってきます。

 あなたのご遺族のあいだに相続争いが起きにくい遺言書、ご遺族が相続手続きをしやすい遺言書、あなたの思いを実現する最適な遺言書の作成を当事務所がお手伝いいたします。


ポイント ご自分で書かれた遺言書の点検をご希望の方

遺言書添削

 

ポイント 遺言書の作成サポートをご希望の方

自筆証書遺言作成

公正証書遺言作成 

秘密証書遺言作成