将来取得する財産を相続させる遺言文例

□ 遺言状の作成時に所有していない財産でも、将来取得予定の財産は相続させる遺言の対象とすることができます。


行政書士は街の身近な法律家

埼玉県行政書士会所属

行政書士渡辺事務所

行政書士・渡邉文雄

 

似顔絵

ポイント  取り扱い業務

遺 言 書

   

 遺言者〇〇〇〇は、以下のとおり遺言する。

 

第1条 遺言者が夫〇〇〇〇(昭和△△年△月△日生)から下記不動産  を取得していた場合は、これを長男〇〇〇〇(昭和△△年△月△日生)に相続させる。

 

1. 土地              

   所在    〇〇市〇〇町〇〇丁目

   地番    〇〇番〇〇 

   地目    宅地

   地積    〇〇〇.〇〇平方メートル

 

2. 建物

   所在    〇〇市〇〇町〇〇丁目〇〇番地〇〇 

   家屋番号  〇〇番〇〇 

   種類    居宅  

   構造    木造瓦葺二階建

   床面積   一階 〇〇.〇〇平方メートル 

         二階 〇〇.〇〇平方メートル

 

 

 

第2条 万一、長男〇〇〇〇が、私の死亡以前に死亡しているときは、この遺言書の財産を長女〇〇〇〇(昭和△△年△月△日生)に相続させる。

 

第3条 私は、本遺言の遺言執行者として長男〇〇〇〇を指定する。ただし、第2条の場合には長女〇〇〇〇を指定する。

 

 令和△△年△△月△△日

 

                     (遺言者住所)

  遺言者   〇〇〇〇  印

ポイン ト ここが遺言(相続)のポイント

□ 将来取得する財産を相続させるには、「その他、遺言者の有する一切の財産を長男〇〇〇〇(昭和△△年△月△日生)に相続させる。」とすれば足りますが、その財産が重要な財産の場合は、相続人間に紛議を招かないため、対象財産を明示します。

 

□ 民法改正により、改正前は、「相続させる」旨の遺言による不動産の贈与については、登記をしなくても第三者に対抗できるとされていましたが、改正後は、法定相続分を超える部分については登記をしなければ第三者に対抗できないこととなりました。

 その結果、次のような問題が生ずる恐れがあります。 

① 不動産を単独で相続させる旨の遺言をしても、他の相続人が自分の法定相続分相当持分を先に登記し善意の第三者に売却してしまうと第三者に対抗できなくなる。  

② 他の相続人の債権者が、登記が未了の間に、他の相続人の法定相続分相当持分に対し債権者代位によって登記を行い仮差押えを行ってしまうと対抗できなくなる。

注意事 項  本文例はあくまでも一例です。遺言者のご希望はもとより、推定相続人や遺贈したい人の状況、相続財産の状況などによって遺言文は違ってきます。

 あなたのご遺族のあいだに相続争いが起きにくい遺言書、ご遺族が相続手続きをしやすい遺言書、あなたの思いを実現する最適な遺言書の作成を当事務所がお手伝いいたします。


ポイント ご自分で書かれた遺言書の点検をご希望の方

遺言書添削

 

ポイント 遺言書の作成サポートをご希望の方

自筆証書遺言作成

公正証書遺言作成 

秘密証書遺言作成