保険金受取人を妻から子に変更する遺言~


行政書士は街の身近な法律家

埼玉県行政書士会所属

行政書士渡辺事務所

行政書士・渡邉文雄

 

似顔絵

ポイント 取り扱い業務

遺 言 書

   

 遺言者〇〇〇〇は、以下のとおり遺言します。

 

第1条 私は、〇〇生命保険株式会社との下記の生命保険契約に基づく生命保険金の受取人を〇〇〇〇(昭和△△年△月△日生)に変更します。

 ただし、本遺言の効力が発生したときに、新受取人〇〇〇〇が既に死亡していたときは、保険金受取人を〇〇〇〇(昭和△△年△月△日生)に変更します。

 

                記

 

1.保険証券番号 〇〇〇〇〇〇〇

2.契約日    △△年△月△日

3.種類     〇〇生命保険

4.保険期間   △△年

5.保険金額   △△△万円

6.保険者    〇〇〇〇

7.保険契約者  〇〇〇〇

8.被保険者   〇〇〇〇

 

第2条 私は、本遺言の遺言執行者として次の者を指定します。

 

(遺言執行者名)

(生年月日)

(住所・職業)

 

第3条 遺言執行者は、私の死亡後、〇〇生命保険株式会社に対し、速やかに保険金受取人変更の通知をしてください。 

 

 平成△△年△△月△△日

 

                   (遺言者住所) 

  遺言者   〇〇〇〇  印


ポイン ト ここが遺言(相続)のポイント

□ 上記の文例の第1条但し書きは、事情により記載します。

 

□ 平成22年4月1日以前に締結された生命保険契約の保険金受取人の変更は、保険契約約款等で禁止されている場合はできません。(各保険会社にご確認ください。)

 

□ 平成22年4月1日以後に締結された生命保険契約の保険金受取人の変更は、遺言によってもすることができることが、法律上明文化されました。

 

□ 生命保険契約で保険金受取人を妻〇〇と指定し、その後離婚した場合でも、遺言等で保険金受取人の変更をしなければ保険金受取人は変わりません。 

□ 遺言で受取人を変更した場合、死後、保険会社に通知しなければ、受取人変更を保険会社に対抗できません。死後、遺言で指定した受取人が保険会社に連絡する必要があります。(遺言に受取人が保険会社に連絡するよう書いておくことをおすすめします。 )

 

□ 保険金受取人の変更が確実に行われるために、遺言執行者を指定しておくことをおすすめします。

 

□ 生命保険金を相続税の納税資金にしたい場合は、その旨遺言に明記します。(そうしないと、受取人相続人の特別受益として争いになる恐れがあります。)

 

□ 遺言による保険金受取人の指定については、各保険会社にご確認ください。

 

注意事 項  本文例はあくまでも一例です。遺言者のご希望はもとより、推定相続人や遺贈したい人の状況、相続財産の状況などによって遺言文は違ってきます。

 あなたのご遺族のあいだに相続争いが起きにくい遺言書、ご遺族が相続手続きをしやすい遺言書、あなたの思いを実現する最適な遺言書の作成を当事務所がお手伝いいたします。

ポイントご自分で書かれた遺言書の点検をご希望の方

遺言書添削

 

ポイント遺言書の作成サポートをご希望の方

自筆証書遺言作成

公正証書遺言作成 

秘密証書遺言作成