遺産分割協議書作成

ポイント 遺産分割協議書とは― 

 

□ 相続の開始で相続人の共有になった遺産を各相続人に分割することを遺産分割といいます。

□ 遺産分割協議は、相続人全員が集まり、相続する割合、どの財産を誰が相続するかなどについて協議をします。   

□ 遺言書がないときは遺産分割協議をする必要があります。  

□ 遺言書があり、その通りに相続する場合は、基本的には遺産分割協議を行う必要はありません。 

 

□ 相続人が遠方(外国も含め)にいるなどのような場合、相続人代表が、各相続人に「持回り」で承諾を得て、捺印してもらう方法があります。あるいは「遺産分割証明書」を相続人の数だけ作り、1人に1枚ずつ渡しそれに各相続人が署名捺印し集約するという方法も可能です。 

 

ポイント 遺産分割協議書作成うけたまわります

 

□ 遺産分割協議書を、郵便やメール、電話による聞き取りを主とした方法で作成することができます。

 

□ 遺産分割協議書作成料金  32,400円(消費税込み) 

 

注意事 項   お申し込みの前に

 

□ 一旦遺産分割協議が成立すると、代償金の不払いが生じても遺産分割協議全体の解除や再分割は認められません。遺産分割後の代償金の支払いに執行力をつけたいときは、代償金の支払者と受取者だけで支払いの約束だけの公正証書を作成することをおすすめします。

 

□  行政書士は遺産分割の選択肢をお示しすることはできますが決めるのは依頼者となります。また、協議への参加、他の相続人との交渉はいたしません。

 

□ 遺産分割について既に相続人間でもめているなど紛争性のある事案につきましてはお受けできません。

■ 被相続人の最終住所地が埼玉県及び隣接都県内の場合又は相続人が埼玉県及び隣接都県内に居住している場合で相続財産が埼玉県及び隣接都県内に存在する場合に限り、行政書士ADRセンター埼玉をご案内できます。  


行政書士は街の身近な法律家

埼玉県行政書士会所属

行政書士渡辺事務所

行政書士・渡邉文雄

 

似顔絵

ポイント 遺産分割協議書作成の流れ

 

STEP Step1お電話」、「FAX」または「お問合せフォーム」よりお申し込みください

 

□ 以下の事項などについてお伺いいたします

 

1. 被相続人と相談者との関係 

2. 被相続人の(①ご氏名 ②亡くなられた当時のご住所 ③本籍 ④生年月日 ⑤死亡日時) 

3. 家族構成・親族関係(相続人の推定) 

4. 相続財産の概況(相続財産の推定) 

5. 遺言書の有無(検認の必要性) 

6. 法定相続人のうち亡くなった方の有無(二次相続の有無)

7. 戸籍謄本(被相続人・法定相続人全員)の取得済み有無

8. 印鑑証明(法定相続人全員)の取得済みの有無

9. 遺産分割に対する共同相続人の意向(紛争性の有無の判断)

 

□ 相続人が遠方にいるなどのような場合、「遺産分割証明書」を相続人の数だけ作り、1人に1枚ずつ渡しそれに各相続人が署名捺印し集約するという方法も可能です。ご希望の方はお申し出ください。 

ポイント つぎのボタンをクリック

埼玉/行政書士渡辺事務所

tel   050-3404-7859 

fax  042-974-0617

 「お問合せ・申込みフォーム」「FAX]は24時間、365日受付中

お電話は、9時~17時

   

STEP step2当方からのお申込み確認のご連絡後、下記書類を郵送(又はメールで送信かご持参)ください

① 「遺産分割協議書の下書き」(またはそのコピー) (※便箋の必要な方は本ページの末尾からダウンロードして印刷して下さい)

② 家族関係のわかるメモ(※記入用紙は本ページの末尾からダウンロードして印刷して下さい)

③ 相続可能な財産のリスト(土地、建物、預金等)  

④ 相続財産の情報(土地・建物の登記事項証明書、固定資産評価証明書等)

⑤ 死亡届のコピー 

⑥ 申込書(用紙は本ページの末尾からダウンロードして印刷して下さい)

以上6点

 

※ 別途料金で「相続人調査」、「財産目録作成」をうけたまわります。ご希望の方は併せてお申込みください。  

※ 相続人調査を依頼する場合は、本人確認資料(運転免許証、住民基本台帳カード、健康保険証、住民票のいずれか)のコピーが必要です。

 

【宛先】〒357-0044 埼玉県飯能市川寺429-7 行政書士渡辺事務所 宛

 

  ※ 郵送中の事故に関して当事務所は一切の責任を負いかねます。

  ※ 郵送料はお客様負担となります。

 

□ ご持参される方はお手数ですが事前にお電話にて来所日をご連絡のうえ、ご来所ください。

STEP step3着手金をお支払いください

※ 着手金は行政書士基本報酬の半額を頂戴しております。

 

□ 当方に書類が届きましたら代金の振込先のご案内をいたします。7日以内に指定の口座へお振込みをお願いします。

 

※ 7日以内にご入金がない場合はキャンセルとみなします。

※ 振り込み手数料はお客様のご負担でお願いいたします。

 

 

【書類を当事務所までご持参いただく方】

 

□ ご来所された際にお支払いください。

 

矢印

 

□ 着手金のお振込を確認後、業務に着手します。各相続人の主張の整理等を行い、遺産分割協議書(一次案)を作成します。必要な場合、主張に対する本職の参考意見を提示します。完成次第、郵送いたします。

 

STEP step4修正・追加

□ 申込者(相続人代表)から、各相続人に、遺産分割協議書(一次案)を提示し、各相続人からの主張を聴取してください。

 

修正・追加がある場合、申込者はその内容を「確認書」に記載してご返送下さい 

修正・追加等がないときは「確認書」に「なし」と記入のうえ、「業務委託書」に署名・捺印し、ご返送下さい。※ 遺産分割協議書(一次案)はお手元に保管ください。STEP5へ進みます。)

 

 矢印

 

□ 修正・追加の指示事項を反映した遺産分割協議書(二次案)を作成しご郵送します。

 

 

□ 申込者(相続人代表)から、各相続人に遺産分割協議書(二次案)を提示し、各相続人からの最終主張を聴取しください。 

■ 申込者(相続人代表)は、修正・追加等がないときは「確認書」に「なし」と記入のうえ、「業務委託書」に署名・捺印し、ご返送下さい。※ 遺産分割協議書(二次案)はお手元に保管ください。 

 

矢印

 

□ 遺産分割協議書を必要部数作成し、郵送いたします。

 

□ 以上の事務処理が終了した時点で業務完了とし、全ての関係資料を返却し所定の料金をご請求いたします。

 

STEP step5遺産分割協議書作成サポート料(残額)をお支払いください

 

□ 料金明細書をご確認いただき、指定の口座へお振り込みをお願いします。

・ 着手金を申し受けている場合にはその部分を控除した残額がお支払い額となります。

  矢印 

STEP step6署名・捺印

□ 遺産分割協議書に、相続人全員が「署名」「捺印」し、印鑑証明書を添付してください。 

■ 遺産分割協議書に日付を記入してください。 

■ 遺産分割協議書に相続人全員が、印鑑証明書と同一の住所、氏名を記入し、実印(不動産登記の際、実印を押したものを求められます)を2つずつ捺印してください。そして、印鑑証明書を添付します。  

■ ついでに、相続手続に必要な他の書類にも署名捺印をします。 

■ 相続人各自1通ずつ保管します。

ポイン ト 料 金 

□ 行政書士報酬 32,400円(着手金を含みます)  

 

□ 関連サービス

▼ 相続人調査(32,400円~) 

・ 基本報酬 32,400円 ※相続人5人までとします(被相続人を除く)。

・ 相続人6人目以降、一人につき5,400円追加になります。

・ 代襲相続や数次相続が発生している場合には、1件に付き16,200円追加になります。

 

 ※ 他に戸籍謄本等交付手数料、郵送費、交通費が実費分必要となります。

 

 ▼ 財産目録作成(21,600円) 

 ※ 資料の提供を受け書面作成いたします。調査は除きます。

ポイント 申込書(ダウンロードし印刷してご使用ください)

ダウンロード
遺産分割協議書作成申込書R.pdf
PDFファイル 167.2 KB

ポイント 家族関係記入用紙(ダウンロードし印刷してご使用ください)

ダウンロード
相続人関係説明図記入用紙(相続)3.pdf
PDFファイル 114.6 KB

ポイン ト 関連取り扱い業務