相続財産目録(相続財産リスト)の作り方

□ 相続財産を、種別ごとにリストアップし、概算評価額とともに表にしたものが相続財産目録です。

□ 遺産分割協議をするときには、相続財産目録(相続財産リスト)が必要になります。

□ 遺産分割の際の財産の評価は、分割の協議をする時点の時価(実勢価格)でするのが原則です。

□ 不動産の所在が分からないときは、市町村で「名寄帳(固定資産税課税台帳の写し)」を発行してもらいます。


行政書士は街の身近な法律家

埼玉県行政書士会所属

行政書士渡辺事務所

行政書士・渡邉文雄

 

似顔絵

ポイント関連情報

1. 財産目録とは

 

□ 土地や建物、預貯金、有価証券といった相続財産を、種別ごとにリストアップし、概算評価額とともに表にしたものが相続財産目録です。 

□ 遺言書を作るときや遺産分割協議をするときに必要になります。

 

 

2. 財産目録の記載項目 ※ ここは、ざっと目を通し、3.財産目録のひな形  を使って作成します

 

(1) 財産の種類

 

ア、 「不動産

□ 土地(1画地ごとに)、建物(1棟ごとに)、農地、山林

 

【土地】 所在地、地番、地目、地積(㎡)、概算評価額、現況・使用状況等

【建物】 所在地、家屋番号、種類・構造、床面積、概算評価額

 

イ、 「金融資産」

□ 預貯金、投資信託・債権、株式、火災保険契約(満期返戻金のあるもの) 

 

【預貯金・現金】 金融機関名称、種別、口座番号、金額(円)

 

【株式・投資信託等】 銘柄、区分、金額・数量

 

【火災保険】(満期返戻金のあるもの) 保険会社名称、商品名、証券番号、満期返戻金額

 

【生命保険】 保険会社名称、商品名、証券番号、死亡保険金金額

 

 ウ、 「動 産」

□ 自動車 など

 

【自動車】 自動車名、ナンバー、車種・年式、購入時期 

 

 エ、 「債 務」(マイナスの財産)

□ 借金、連帯保証債務、未納税、未払医療費、住宅ローン、預かり敷金・保証金

 

【債務】 種類、借入先、残額

 

 

(2) 財産の所在(存在場所)

 

① 土地は地番(〇〇番地〇)まで表示

② 建物は家屋番号まで表示

③ 銀行預金は、銀行名・支店名・口座番号・預金種目

④ 株券は、銘柄・会社名、(上場の場合は 預け先証券会社・支店名、証券番号)

⑤ ゴルフ会員権は、ゴルフ場名、運営会社、会員番号 ※ 規約上相続が認められているもののみ

 

 

(3) 財産の数量(不動産については持分、所有割合を含む)

 

① 土地は、「地積」(登記簿謄本(または登記事項証明書)の記載どおり)

② 建物は、「床面積」(登記簿謄本(または登記事項証明書)の記載どおり)

③ 銀行預金は残高

④ 株券は株数

⑤ 負債は、借入金〇〇万円、利息〇%、損害金〇%、連帯保証債務

 

 

(4) 財産の価値(評価額)について

 

ア、 評価時点

 

□ 遺産分割の際の財産の評価は、分割の協議をする時点の時価(実勢価格)でするのが原則です。現実に分割する時点で評価します。 

【参考】『遺産分割のための相続財産評価は、(相続の時ではなく)分割の時を標準としてなされるべきものである』(札幌高裁昭和39・11・21)

 

イ、 評価額

 

① 土地は実勢価格です。  

■ 実勢価格・・・業者を通じての通常の売買価格

■ 路線価・・・公示価格の約8割、実勢価格の7割程度

■ 固定資産税評価額・・・実勢価格の7割程度

 

※ (参考)

・ 「相続税や贈与税の計算」では、路線価があれば路線価、路線価地域以外は固定資産税評価額に地域ごとの倍率を掛けたものとなります。計算方法は、路線価図の数字に土地の形状による補正率をかけ、複数の道路に面した土地は加算率を加えます。

 

② 建物の評価額 固定資産税評価額を参考にします。

 

③ 預貯金は残高

・ 分からないときは金融機関で残高証明をとり確認します。金融機関と支店がわかっていれば照会できます。その際、通常は照会する人と被相続人の関係がわかるように戸籍を提示することが必要です。

・ 定期預金は預入額に既経過利子(20%源泉徴収後)を加えます。

 

④ 株券

□ 上場株式であれば株価の時価を調べて株数を乗じた金額で算定します。上場されていない株式の場合、株式の価格の算定方式として、純資産価額方式、収益方式、配当還元方式、類似会社(又は類似業種)比準方式、取引先例価格方式、併用方式などがあります。「非上場株式等評価ガイドライン」参照

 

⑤ 生命保険金は死亡保険金の額

※ 受取人が被相続人本人の場合は相続財産となります。それ以外の場合は、指定された受取人の財産になります。

※ 保険金の額、遺産総額に対する割合等から他の相続人と著しく不公平とみられる極めて極端な場合は、例外的に特別受益に準じて持ち戻しが認められる場合があります。

 

⑥ 借地権、公社債、タンス預金、金やプラチナの地金、ダイヤの指輪、貸家、駐車場、事業用財産(商品、原材料、設備、売掛金など)、立木、果実、特許権・著作権

については、評価額は財産の種類により異なります。

 

⑦ 借金、保証債務、連帯保証債務、未納税、未払医療費

については、評価額は財産の種類により異なります。 

 

※ 墓石や仏具など祖先を祭るための 「祭祀具」といわれるものは、 遺産相続の財産には含まれません。 

3. 財産目録のひな形 

 

・ダウンロードして、印刷しご利用ください。

ダウンロード
14 財産目録記入用ひな形.pdf
PDFファイル 120.8 KB

ポイント 相続手続き書類作成サポートをご希望の方

ポイント遺言書作成サポートをご希望の方