相続のあれこれ~我が家の「相続」はどうなるのか~




□ 相続の手続きをスムーズに進めるには代表者を決めておくことが肝要です。一般的には配偶者若しくは長男などが代表者となり、相続人全員で話し合って決めます。

 

□ 相続法改正で「特別の寄与」の制度が創設されましたが、特別寄与料をもらうには気まずい思いをすることもあります。遺言で配慮してもらうのが一番です。 

 

□ 遺産分割は1次相続と2次相続をトータルして考える必要があります。

 

□ 使うあてのない不動産の相続は維持管理費・固定資産税、解体費用が不動産価値を上回ることがあります。相続放棄を検討する必要があります。

 

□ 遺言がないときは法定相続分となりますが、相続人全員で一致すれば違う割合で分けることができます(ただし、多数決ではありません)。

 

□ 親と子が同居していて、主な遺産は自宅の土地と建物だけの場合、遺産分割は難しい。財産の分けようがありません。

 

□ 不動産の共有はトラブルの元です。実態として単独使用になってしまうという問題のほか、建て替えや持ち分の売却には相続人全員の合意が必要となります。相続で所有権移転登記をしないまま、相続人がどんどん増えてしまうという問題もあります。

 

□ 子どもがいなくても、妻が全部相続できるとは限りません。

 

□ 死亡退職金、生命保険金は相続財産ではありませんが、相続税の課税対象にはなります。

 

 相続関連の知識 

ポイント 相続について法律で決まっていること

 

~相続する人や分け前は法律で決まっている~

 

相続の開始、遺産分割と遺産分割の実行の指定

➤ 相続人、相続の優先順位

遺産分割と法定相続分

➤ 非嫡出子の相続分

➤ 相続欠格

➤ 遺留分

➤ 遺留分減殺請求

遺留分の計算の仕方

➤ 相続回復請求

➤ 特別縁故者

➤ 内縁関係での「相続」 

➤ 夫が亡くなったので旧姓に戻る(復氏届)

➤ 養子縁組と離縁(養子縁組の解消)

 

~被相続人(親)より先に子が死亡したら孫が相続する~

 

➤ 代襲相続と数次相続 

 

~多額の借金がある場合は相続を放棄できる~ 

 

➤ 相続放棄 

➤ 限定承認

➤ 単純承認

➤ 財産分離

➤ 相続分の譲渡  

➤ 相続分なきことの証明書

 

~親の世話をした人は相続分が増える ~

 

➤ 寄与分・特別寄与制度

 

~生前に特別にお金をもらっていたら相続分が減らされる~

 

➤ 特別受益

☘ 相続のご相談は(お問い合わせ先)

行政書士渡辺事務所

〒357-0044埼玉県飯能市大字川寺429番地7

☎  050-3404-7859

FAX 042-974-0673

◆ 受付時間 火~土 9:00~16:00

◆ 休業日 月曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12/29~1/3)

 その他、臨時に休業することがございます。

☘ お越しの際は、事前にお電話等にて来所日をご予約ください。