我が家の「相続」はどうなるのか~相続のあれこれ~




注意事 項 民法改正(30.7.13公布)

□ 「配偶者居住権」が創設されました。「配偶者居住権」とは、配偶者が相続開始の時に居住していた建物に、死亡まで無償で使用できる権利です。

 これまでは、配偶者が住んでいる家を相続した場合、預貯金などはあまり相続できませんでしたが、これからは、配偶者居住権は所有権よりも評価額が低いため、その分預貯金を多く相続することができます。

(施行は平成30年7月13日から2年以内)

□ 結婚機関が20年以上の夫婦間で行った居住用不動産の贈与について、これまでは、生前贈与の場合、相続の時には、これも遺産に加えて相続分を計算する必要がありましたが、これからは、相続時に遺産として計算しなくてもよいことになりました。(施行は平成30年7月13日から1年以内)

□ 遺産分割前に預貯金の一部払い戻しができるようになります。これまでは、遺産分割協議が調わなければ預貯金を引き出すことはできませんでしたが、これからは、遺産分割前でも、一定額に限り、相続人が単独で引き出すことができるようになります。(施行は平成30年7月13日から1年以内)

 □ 相談(30分 3,240円)

※初回のご相談は30分まで無料。(業務をご依頼いただいた場合、ご依頼された業務に関するご相談については30分超も無料となります)

※面談は予約制です。

ポイント別れの時は、手を握って、名前を呼んであげましょう。

□ 相続関連の知識 

ポイント 相続について法律で決まっていること

■ 相続する人や分け前は法律で決まっています

相続の開始・相続の仕方

相続人と優先順位

➤ 法定相続分

非嫡出子の相続分

➤ 相続欠格

➤ 遺留分

➤ 遺留分減殺請求

➤ 相続回復請求

➤ 特別縁故者

➤ 内縁関係での「相続」  

➤ 夫が亡くなったので旧姓に戻る(復氏届)

養子縁組と離縁(養子縁組の解消)

■ 親より先に死亡したら孫が相続します  

➤ 代襲相続と数次相続 

■ 多額の借金がある場合は相続を放棄できます  

相続の放棄・辞退等

➤ 相続放棄 

➤ 限定承認・単純承認

➤ 財産分離

➤ 相続分の譲渡 

➤ 相続分なきことの証明書

■ 親の世話をした人は相続分が増えます  

➤ 寄与分

■ 生前に特別にお金をもらっていたら、相続分が減らされます

特別受益

ポイント 相続のご相談は(お問い合わせ先)

行政書士渡辺事務所

〒357-0044埼玉県飯能市大字川寺429番地7

☎  050-3404-7859

FAX 042-974-0673

◆ 受付時間 火~土 9:00~16:00

◆ 休業日 月曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12/29~1/3)

 その他、臨時に休業することがございます。

◆ お越しの際は、事前にお電話等にて来所日をご予約ください。

ポイント お問い合わせはつぎのボタンをクリック

お問合せ・申込みフォームは24時間、365日受け付けております。