長男を遺言執行者に指定する遺言~


行政書士は街の身近な法律家

埼玉県行政書士会所属

行政書士渡辺事務所

行政書士・渡邉文雄

 

似顔絵

ポイント  取り扱い業務

遺 言 書

   

 遺言者〇〇〇〇は、以下のとおり遺言します。

 

第1条 長男〇〇〇〇(昭和〇〇年〇〇月〇〇日生)に次の財産を相続させます。

 

(1)土地              

   所在      〇〇市〇〇町〇丁目 

   地番    〇番〇 

   地目    宅地

   面積    〇〇〇.〇〇平方メートル

 

(2)建物

   所在     〇〇市〇〇町〇丁目〇番地〇 

   家屋番号   〇〇番 

   種類     居宅  

   構造     木造瓦葺二階建

   床面積    一階 〇〇.〇〇平方メートル

          二階 〇〇.〇〇平方メートル

 

(3)私名義のAB銀行〇〇支店定期預金  

    口座番号〇〇〇〇〇の預金全額と利息全額

 

第2条 長女〇〇〇〇(昭和△△年△月△日生)に次の財産を相続させます。

 

  私名義のCD銀行〇〇支店定期預金 

  口座番号〇〇〇〇〇の預金全額と利息全額

 

第3条 次女〇〇〇〇(昭和△△年△月△日生)に次の財産を相続させます。

 

  私名義のゆうちょ銀行の定額貯金  

  記号〇〇〇〇〇〇の貯金全額と利子全額

 

第4条 その他前条記載の財産を除く私の有する一切の財産は、長男〇〇〇〇に相続させます。

 

第5条 遺言者は、祭祀を主宰するべき者として、長男〇〇〇〇を指定します。

 

第6条 遺言者は、この遺言の遺言執行者として、長男〇〇〇〇を指定します。

 

2 遺言者は、遺言執行者に対し、次の権限を授与します。

① 遺言者の有する株式、預貯金等の金融資産について名義変更、解約及び払戻しを行うこと

② 貸金庫の開扉と内容物の受領

③ その他この遺言の執行に必要な一切の処分を行うこと

 

3 遺言執行者は、その権限を第三者に委任することができる。

 

 令和〇〇年〇〇月〇〇日

 

 

                    (遺言者住所) 

  遺言者   〇〇〇〇  印


ポイン トここが遺言(相続)のポイント

□ 遺言事項には、遺言者の死亡と同時に自動的に内容が実現され何ら手続きをする必要がないものと、遺言の内容を実現するために特別の手続き(遺言の執行(*1)をする必要があるものとがあります。

 

*1 遺言の執行とは、不動産の移転登記・引渡等、遺言の内容を実現するために必要な特別の手続きをする行為です。

 

(遺言の内容を実現するために特別の手続き(遺言の執行)をする必要があるもの )

 

① 特定遺贈 

② 財産の寄付、財団法人設立のための寄付行為

③ 信託の設定 

④ 生命保険の死亡保険金受取人の指定・変更

 

□ 遺言の執行は、相続人自身が実行できる(相続人が複数の場合は共同で遺言を執行する)ほか、遺言執行者によって実行されます

 

□ 遺言執行者とは、遺言の執行をする権限を与えられた者のことです。

 遺言執行者は遺言の中で定めることができます。 

 

□ 次の場合は、遺言執行者を必ず指定しなければなりません

①遺言で認知をする、②遺言で相続人の廃除をする、遺言で相続人の廃除の取消をする

 

□ 遺言で遺言執行者を指定する場合で、専門家以外に指定するときは、遺言執行者の権限について具体的に記載しておくと銀行関係等の手続きがスムーズに進むことが期待できます。また、遺言執行者が遺言者と年齢が近いなど、遺言執行に困難が想定される場合は「遺言執行の第三者への委任事項」記載しておくと安心です

 

□ 遺言執行者に専門家等第三者を指定する場合は、氏名、生年月日、住所・職業(*2)を記載します。

 

*2 法定の記載事項ではありませんが書いておくと便利です。

注意事 項  本文例はあくまでも一例です。遺言者のご希望はもとより、推定相続人や遺贈したい人の状況、相続財産の状況などによって遺言文は違ってきます。

 あなたのご遺族のあいだに相続争いが起きにくい遺言書、ご遺族が相続手続きをしやすい遺言書、あなたの思いを実現する最適な遺言書の作成を当事務所がお手伝いいたします。


ポイント ご自分で書かれた遺言書の点検をご希望の方

遺言書添削

 

ポイント 遺言書の作成サポートをご希望の方

自筆証書遺言作成

公正証書遺言作成 

秘密証書遺言作成