妻と子それぞれに相続させる遺言 ①


行政書士は街の身近な法律家

埼玉県行政書士会所属

行政書士渡辺事務所

行政書士・渡邉文雄

 

似顔絵

ポイント  取り扱い業務

遺 言 書

   

 

 遺言者〇〇〇〇は、以下のとおり遺言する。

 

第1条 妻〇〇〇〇(昭和△△年△月△日生)に別紙1を含む財産を相続させる。

 

第2条 長男〇〇〇〇(昭和△△年△月△日生)に私名義の次の財産を相続させる。

 

 〇〇株式会社の株式(〇〇証券〇〇支店に預託)△△万株

 

 十年利付国債(平成△△年△月発行)額面△△万円(〇〇証券〇〇支店保護預)

 

 投資信託〇〇ファンド(償還日平成△年△月△日)△万口(〇〇銀行〇〇支店預託)

 

第3条 長女〇〇〇〇(昭和△△年△月△日生)に次の預金債権を相続させる

 

 〇〇銀行〇〇支店に対する遺言者名義の定期預金(口座番号〇〇〇〇)全額

 

第4条 次女〇〇〇〇(昭和△△年△月△日生)に次の預金債権を相続させる。

 

 〇〇銀行〇〇支店に対する遺言者名義の定期預金(口座番号〇〇〇〇)全額

 

第5条 その他前条記載の財産を除く私の有する一切の財産は、妻〇〇〇〇に相続させる。

 

第6条 遺言者は、これまで長男〇〇〇〇、長女〇〇〇〇、次女〇〇〇〇にした生前贈与による特別受益持ち戻しについては、これをすべてを免除する。

 

 平成△△年△△月△△日 

 

                       (遺言者住所) 

  遺言者   〇〇〇〇  印

 

別紙1

目 録

1. 土地              

   所在地   〇〇市〇〇 

   地番    △△△番地△ 

   地目    宅地

   面積    △△△.△△平方メートル

 

2. 建物

   所在地    〇〇市〇〇 

   家屋番号   △△番△ 

   種類     居宅  

   構造     木造瓦葺二階建

   床面積    一階 △△.△△平方メートル

 

          二階 △△.△△平方メートル

 

3. 上記家屋内の遺言者名義の什器、備品等一切の動産

 

遺言者   〇〇〇〇  印


ポイン ト ここが遺言(相続)のポイント

□ 相続人は妻と子のケース。妻と子それぞれに指定分割で相続させます。

 

□ 残された妻の生活保障を第一に考え、自宅は妻に相続します。妻と子どもの共有にした場合、老人ホーム入所などで自宅を売却するときに子どもの同意が必要となります。面倒なばかりでなく、手にするお金が少なくなります。

 注意事 項 民法改正(2018.7.13公布)により、婚姻期間20年以上の夫婦相互間における自宅の贈与は、特別受益持ち戻しをしないこととなります。(2019.7.1施行 ※生前贈与は2019年7月1日以降におこなわれたものについて適用。遺贈は遺言書等作成日付が2019年7月1日以降について適用。)

 

□ 相続税がかかるケースにおいては、駐車場やアパート、上場株式など収益性の高い財産は子どもに相続させるようにします。収益性の高い財産を配偶者に相続させると年々財産額が増え、2次相続での相続税が増加します。(1次相続、2次相続トータルでの節税を考える)

 

□ 時間の経過により遺産財産構成は変化します。 預貯金の金額については、遺言書作成後の残高の変化により相続人間で紛議を招かないよう、遺言書作成時点の残高を記載しないで、「全額」または「全て」と書くことをおすすめします。

注意事 項  本文例はあくまでも一例です。遺言者のご希望はもとより、推定相続人や遺贈したい人の状況、相続財産の状況などによって遺言文は違ってきます。

 あなたのご遺族のあいだに相続争いが起きにくい、ご遺族が相続手続きをしやすい、あなたの思いを実現する最適な遺言書の作成をお手伝いいたします。


ポイント ご自分で書かれた遺言書の点検をご希望の方

遺言書添削

 

ポイント 遺言書の作成サポートをご希望の方

自筆証書遺言作成

公正証書遺言作成 

秘密証書遺言作成