夫婦相互遺言~子どもがいない夫婦が、共に亡くなった後は甥(姪)に財産を相続させあとを託す~

□ お互いに先だつときは相手に財産をあげることにし合う遺言です。同一の遺言書に書くことはできません(共同遺言の禁止)ので、別々の遺言書を作ります。


行政書士は街の身近な法律家

埼玉県行政書士会所属

行政書士渡辺事務所

行政書士・渡邉文雄

 

似顔絵

ポイント 取り扱い業務

(夫側の遺言例)

 

遺 言 書

   

 

 遺言者〇〇〇〇は以下のとおり遺言します。

 

第1条  遺言者の相続開始時に有する下記の不動産その他一切の財産を妻〇〇〇〇(昭和△△年△月△日生)に相続させます。

 

 

(1)土地              

   所在地   〇〇市〇〇 

   地番    △△△番地△ 

   地目    宅地

   面積    △△△.△△平方メートル

 

(2)建物

   所在地    〇〇市〇〇 

   家屋番号   △△番△   

   構造     木造瓦葺二階建

   床面積    一階 △△.△△平方メートル

          二階 △△.△△平方メートル

 

第2条 万一、妻〇〇〇〇が遺言者より前に又は遺言者と同時に死亡していた場合、前条記載の財産を遺言者の甥〇〇〇〇(平成△△年△△月△△日生)に包括して遺贈します。

 受遺者はこの遺贈を受けることの負担として遺言者の葬儀及び埋葬をしてください。また、遺言者の有する現金及び預貯金から、遺言者の葬儀及び埋葬費用及び、医療費等の債務、日常家事債務等一切の債務を支払ってください。

 

第3条  私は、祭祀を主宰するべき者として、第1条の場合には妻〇〇〇〇を、第2条の場合には遺言者の甥の〇〇〇〇をそれぞれに指定します。

 

第4条 遺言者は、この遺言の遺言執行者として、第1条の場合には妻〇〇〇〇を、第2条の場合には遺言者の甥〇〇〇〇をそれぞれに指定します。

2 遺言執行者には、遺言者名義の預貯金の名義変更、払い戻し、解約等の権限を与えます。

 

 

 平成△△年△△月△△日 

     

                    (遺言者住所) 

  遺言者   〇〇〇〇  印


(妻側の遺言例)

 

遺 言 書

   

 

 遺言者〇〇〇〇は以下のとおり遺言します。

 

第1条  遺言者の相続開始時に有する下記の不動産その他一切の財産を夫〇〇〇〇(昭和△△年△月△日生)に相続させます。

 

記(省略)

 

第2条 万一、夫〇〇〇〇が遺言者より前に又は遺言者と同時に死亡していた場合、前条記載の財産を夫〇〇〇〇の甥〇〇〇〇(平成△△年△△月△△日生)に包括して遺贈します。

 受遺者はこの遺贈を受けることの負担として遺言者の葬儀及び埋葬をしてください。また、遺言者の有する現金及び預貯金から、遺言者の葬儀及び埋葬費用及び、医療費等の債務、日常家事債務等一切の債務を支払ってください。

 

第3条  私は、祭祀を主宰するべき者として、第1条の場合には夫〇〇〇〇を、第2条の場合には夫〇〇〇〇の甥〇〇〇〇をそれぞれに指定します。

 

第4条 遺言者は、この遺言の遺言執行者として、第1条の場合には夫〇〇〇〇を、第2条の場合には夫〇〇〇〇の甥〇〇〇〇をそれぞれに指定します。

2 遺言執行者には、遺言者名義の預貯金の名義変更、払い戻し、解約等の権限を与えます。

 

 

 平成△△年△△月△△日 

     

                    (遺言者住所) 

  遺言者   〇〇〇〇  印


ポイン トここが遺言(相続)のポイント

□ 夫婦相互遺言で問題となるのは、相手に先立たれたとき受け取った財産を誰に相続させるかです。

 

□ 相続させる相手が死亡した場合は遺言を書き直す必要がありますが、認知症になってしまったら書き直すことができません(書き直しても無効)。

 

□ 相手に先立たれた場合、受け取った財産を誰に相続させるかを相談し、「予備的遺言」を入れておくことをおすすめします。

注意事 項  本文例はあくまでも一例です。遺言者のご希望はもとより、推定相続人や遺贈したい人の状況、相続財産の状況などによって遺言文は違ってきます。

 あなたのご遺族のあいだに相続争いが起きにくい、ご遺族が相続手続きをしやすい、あなたの思いを実現する最適な遺言書の作成をお手伝いいたします。

ポイントご自分で書かれた遺言書の点検をご希望の方

遺言書添削

 

ポイント遺言書の作成サポートをご希望の方

自筆証書遺言作成

公正証書遺言作成 

秘密証書遺言作成