注意事 項   2022年5月13日から、運転免許更新時の「認知機能検査」の内容が変わり、時計描画  はなくなります。


1. 運転免許更新時の「認知機能検査」(講習予備検査)について 

 

□ 年齢が75歳以上の方は、運転免許証の更新申請前に「認知機能検査」という予備検査を受け、その判定により以下の対応がなされます。※ 年齢は免許更新期間が満了する日現在です。

 

□ 「認知機能検査」の結果が「36点未満」の方は、医師の診断が必要となります。

 

□ 診断結果が認知症の方は免許の停止又は取消しの対象となります。 

 

2. 「認知機能検査」の内容は2つです

 

① 時間の見当識の検査

 

■ 受検をしているときの、年月日、時刻を回答するテストです。

  

② 手がかり再生テスト

 

■ 検査官が掲示する16種類のイラストを記憶(暗記)し、一定の時間をおいたのち、描かれていた物が何だったかを思い出し回答するテストです。

 

3. 「認知機能検査」の採点方法

 

A:時間の見当識 得点(15点満点)

 

B:手がかり再生 

 検査官が掲示する16種類のイラストを暗記し、1つ回答すると(最大)4点、全16種類のイラストを正解すると、4点×16=64点満点 

 

4. 「認知機能検査」の判定

 

「認知機能検査」の結果が「36点未満」:「記憶力・判断力が低くなっています」→ 医師の診断が必要

 

5.  「認知機能検査」の判定により免許の停止・取消の対象になることがあります。また、受講しなければならない高齢者講習の内容と料金が違ってきます

 

□ 総合点によって次の通り対応が分かれます(以下、普通以上、二輪、原付の場合です)

 

① 「認知機能検査」の結果が「36点未満の方

 

□ 臨時適性検査(専門医の診断)の受検または診断書の提出が必要になります。

 

■ 認知症と判定された場合は、免許の停止又は取消の対象となります。

 

■ 診断結果に問題がなければ、3時間の高齢者講習を受けて、更新手続きが出来ます。※2022年5月13日からは2時間になります。

 

□ 高齢者講習の内容及び手数料は次のとおりとなります

 

■ 講習時間3時間 ※2022年5月13日からは2時間になります。

・ 講義(30分)、視力等の適性検査(30分)、教習所のコース内運転指導(60分) 、個別指導(60分)

 

■ 高齢者講習手数料7,550円 ※ 2022年5月13日からは6,450円になります。

 

② 「認知機能検査」の結果が「36点以上の方」

 

□ 高齢者講習の内容及び手数料は次のとおりです

 

■ 講習時間2時間

■ 講義(30分)、視力等の適性検査(30分)、教習所のコース内運転指導(60分)

■ 高齢者講習手数料4,650円 ※ 2022年5月13日からは6,450円になります。

 

□ 詳細は、県警ホームページ等をご覧ください。