遺産分割と法定相続分

□ 遺言がないときは法定相続分で分けます。相続人全員で一致すれば(多数決ではない)法定相続分と違う割合で分けることができます。

□ 平成25年9月5日以後に開始した相続について、嫡出でない子の相続分も嫡出子と同等になりました。


行政書士は街の身近な法律家

埼玉県行政書士会所属

行政書士渡辺事務所

行政書士・渡邉文雄

 

似顔絵

ポイント 関連情報

》 非嫡出子の相続分

 

1. 遺産分割と相続分

 

 遺産を分けることを遺産分割といい、その割合を「相続分」といいます。

 相続人の相続分は民法で定められており、この相続割合を「法定相続分」 といいます。相続人全員で一致すれば(多数決ではない)法定相続分と異なる割合で分けることができます。

 遺言で相続割合を指定でき、これを「指定相続分」といいます。

遺言による指定相続分は法定相続分に優先します。遺言による指定相続分は法定相続分と同じでも変えても自由です。

 遺言による「相続分の指定」があっても、相続人全員の合意があれば、これに拘束されず自由に決めることができます。

 

 

 2. 法定相続分民法900条・901条)

 

 民法で定められた、各相続人の相続する割合を「法定相続分」といいます。「法定相続分」になるのは、遺言がない②遺言はあるが「相続分の指定」がされていない、③遺言からもれている遺産がある、のいずれかです。 ただし、この場合でも、相続人全員の合意があれば、法定相続分の定めに拘束されません。自由に決めることができます。 

 

① 配偶者 2分の1 、子 2分の1

 

※ 平成25年9月5日以後に開始した相続について、嫡出でない子の相続分も嫡出子と同等になりました。

□ 詳しくは、 》非嫡出子の相続分 をご覧ください

 

② 子がいない場合

 

□ 配偶者 3分の2 直系尊属 3分の1

 

③ 子も直系尊属もいない場合

 

□ 配偶者4分の3 兄弟姉妹 4分の1(兄弟姉妹が複数いるときは等分します。ただし、半血兄弟姉妹(異父または異母)は全血兄弟姉妹の2分の1となります。)

 

※ 相続分は、子、直系尊属、兄弟姉妹がそれぞれ二人以上いる場合は、全員分です。 

(1) 続柄別 法定相続分

 

① あなたが被相続人の「子」の場合

被相続人に

法定相続分

配偶者がいる

/

配偶者がいない

すべて

 

② あなたが被相続人の「配偶者」の場合

被相続人に

法定相続分

子がいる

/

子がいないが父母がいる

/

子、父母がいないが「きょうだい」がいる

/

子、父母、「きょうだいがいない

すべて

 

③ あなたが被相続人の「父母」の場合

被相続人に

法定相続分

子がいる

なし

配偶者がいるが子がいない

/

 配偶者、子がいない

すべて

 

④ あなたが被相続人の「きょうだい」の場合

被相続人に

法定相続分

子がいる

なし

父母がいる

なし

配偶者がいるが、子、父母がいない

/

配偶者、子、父母がいない

すべて

 

(2) 法定相続分の組合せ

       

 

配偶者

子ども

直系尊属

きょうだい

 

法定相続分の組合せ

2分の1

2分の1

なし

なし

3分の2

(いない)

3分の1

なし

4分の3

(いない)

(いない)

4分の1

全部

(いない)

(いない)

(いない)

(いない)

全部

なし

なし

(いない)

全部

(いない)

なし

(いない)

全部

なし

(いない)

(いない)

全部

(いない)

(いない)

(いない)

(いない)

全部

なし

(いない)

(いない)

全部

(いない)

(いない)

(いない)

(いない)

全部