相続による自動車の名義変更(移転登録)の仕方

□ 廃車にする場合でも、相続による名義変更手続きをしなければ、廃車手続きを行うことはできません。

□ 法定相続人以外の人が自動車を所有することになる場合でも、一旦、法定相続人の代表者に名義変更し、その後に法定相続人の代表者から所有する者に名義変更する二段階の名義変更手続きとなります。このダブル移転は一度に行うことができます。


行政書士は街の身近な法律家

埼玉県行政書士会所属

行政書士渡辺事務所

行政書士・渡邉文雄

 

似顔絵

ポイント関連情報

1. 相続による自動車の名義変更(移転登録)について

 

□ 相続人は、相続した自動車の名義変更をする必要があります。 

□ 廃車にする場合でも、相続による名義変更手続きをしなければ、廃車手続きを行うことはできません。

 

 

2. 相続による自動車の名義変更手続きの申請先

 

□ 名義変更の手続きは、新たに所有者となる方の住所地(使用の本拠地)を管轄する運輸支局等で行います。 

□ 軽自動車を相続した場合は、軽自動車審査協会にて所有権移転登録を行います。

 

 

3. 相続による自動車の名義変更手続きにおける必要書類(単独で自動車を相続する場合)

 

①    自動車検査証(車検証) 

②    遺産分割協議書(運輸支局所定) 

③    相続人全員の印鑑証明書 

④    被相続人(死亡された方)と相続人全員が記載されている、戸籍謄本または抄本(発行後3ヶ月以内のもの) 

※ 戸籍謄本は、相続者全員の確認が取れない場合は原戸籍を取得する必要があります。 

⑤    自動車を相続される方の住民票(発行後3ヶ月以内のものであってマイナンバーが記載されていないもの) 

⑥    移転登録申請書(運輸支局所定OCR シート第1号様式) 

⑦    手数料納付書(運輸支局所定)※500円の自動車検査登録印紙を添付します。 

⑧    自動車税申告書

 

(上記に加えて)

 

①    代理人による申請を行う場合は、新所有者の「委任状」(認印を押印) 

②    新所有者の印鑑(認印)

※ 代理人による申請を行う場合は、代理人の記名でよい。 

③    自動車の定置場所が変わる場合は、「車庫証明」(保管場所証明書) 

※ 住所等を管轄する警察署より証明を受けたもので発行後概ね1ヶ月以内のもの 

※ 使用の本拠の位置に変更がないとして、自動車保管場所証明書の添付を省略する場合は従前の当該使用の本拠の位置に引き続き拠点があることが分かる書面が必要となります。 

④    旧所有者と新所有者を管轄する運輸支局が異なる場合は、ナンバープレートの交換も必要となります。 

※ ナンバー変更は封印が必要ですので、申請時に自動車の持ち込みが必要になります。 

※ 同一陸運支局内の場合、ナンバー変更は必要ありません。 

⑤    相続人に未成年者がいる場合で親権者と利益相反となるときは、遺産分割協議書については、裁判所から選任された特別代理人の実印が必要になります。 

⑥    自賠責保険証は、名義変更の際は不要ですが、別途自賠責の変更は必要となります。

 

 

 4. 諸費用等 

 

① 名義変更手続きの申請の為に、登録手数料として500円(印紙代)が必要となります。 

② 名義変更によって運輸支局や検査登録事務所の管轄が変わる場合にはナンバープレート代が必要になります。ナンバープレート交付手数料(自動車登録番号の変更を伴うとき)約2,000円。 

③    自動車取得税は、相続による自動車の名義変更手続きにおいては課金されないことになっています。

 

 

 5. 法定相続人以外の人が自動車を所有する場合 

 

□ 一旦、法定相続人の代表者に名義変更し、その後に法定相続人の代表者から所有する者に名義変更する二段階の名義変更手続きとなります。 

□ このダブル移転は一度に行うことができますが、書類としてはそれぞれの名義変更手続きの書類が必要となります。

 

注意事 項 注意

□ 手続きをする際は、必ず運輸支局・検査登録事務所にお問い合わせください。


ポイン ト 相続書類等作成支援サービス