交通事故「後遺障害認定手続き」(被害者請求)サポート

ポイント 「後遺障害が残った」ときは、ケガに対する保険金とは別に、保険金が請求できます。後遺障害の保険金を「自賠責保険被害者請求」することができます。

 

ポイント 交通事故後遺障害認定請求サポート(自賠責保険請求手続きを含む)をうけたまわります  

 

□ 交通事故後遺障害認定申請サポート料金 54,000円~

 

※ 郵送料など実費は別途請求いたします。

※ 申し込み時に着手金として 10,000円 を申し受けます。残金のお支払いは、保険金受け取り後に清算、お支払い下さい。

 

※ 事故原因の調査(現場調査)・同行、医療機関に対する照会・同行は含みません。 

※ 後遺障害の認定結果に対する異議申立(意見書「異議申立書」作成)は含みません。別途のお申込みとなります。

 

注意事 項 下記のケースは当事務所ではお取り扱いしておりません。 

※ 後遺症があるが、保険会社による治療費打ち切りなどにより後遺障害の認定請求(事前認定)をしてくれなかった。  

※ 示談後、後遺傷害の症状が出た。


行政書士は街の身近な法律家

埼玉県行政書士会所属

行政書士渡辺事務所

行政書士・渡邉文雄

 

似顔絵

ポイント 交通事故後遺障害認定申請の流れ

STEP Step1お電話、FAXまたは、お問合せフォームよりお申し込みください

ご検討中の方も、まずはお電話・メール等でお気軽にご相談ください

 

行政書士渡辺事務所

☎・FAX 050-3404-7859

◆ 受付時間 火~土 9:00~16:00

◆ 休業日 月曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12/29~1/3)

 その他、臨時に休業することがございます。

お問い合わせフォームは、24時間・365日受付中

お申し込み時確認事項

① 事故の日時・場所、ケガ等の状況、過失割合

② 被害者請求される理由

③ 現在の治療の段階、診断 ※ 顔面醜状(表面のキズ、アザなど)、眼瞼欠損、運動障害、むち打ち損傷、中心性脊髄損傷、高次脳機能障害、疼痛、疼痛、めまいの有無

④ 事故の相手方の任意保険会社(ある場合)

⑤ 自身の自動車保険の交通事故弁護士費用特約の有無

 

STEP step2当方からのお申込み確認のご連絡後、下記書類を作成し、ご持参、又は、郵送にてお送り下さい

 

□ 業務依頼書を記入し、郵送(※簡易書留でお願いします。)又は持参してくださいす。(用紙は本ページの末尾からダウンロードしてください)

 

【宛先】〒357-0044 埼玉県飯能市川寺429-7 行政書士渡辺事務所 宛

 

  ※ 郵送中の事故に関して当事務所は一切の責任を負いかねます。 

  ※ 郵送料はお客様負担となります。

 

□ ご持参される方はお手数ですが事前にお電話にて来所日をご連絡のうえ、ご来所ください。

 

□ 郵送又は持参していただくもの

 

① 「交通事故証明書」(取得) 

② 「自動車損害賠償責任保険支払請求書兼支払指図書」(自賠責の定型用紙)の下書き  

③ 「事故発生状況報告書」(自賠責の定型用紙)の下書き 

④ 「診断書」(自賠責の定型用紙)(取得) ※ 死亡事故の場合は死体検案書又は死亡診断書  

⑤ 「診療報酬明細書(調剤報酬明細書)」(自賠責の定型用紙)(取得) ※ 事故の内容により添付 

■ 支払いを支払いを証明するために「診療報酬明細書(調剤報酬明細書)」・領収書が必要です。 

■ 健康保険を使って治療している場合は、病院は「診療報酬明細書」(自賠責の定型用紙)を発行しないことがあります。その場合は「診断書」(自賠責の定型用紙)のみを作成してもらい「診療報酬明細書不添付報告書」と「領収書の原本」を付けて送付します。  

⑥ 「休業損害証明書」(自賠責の定型用紙)(前年分の源泉徴収票添付)を勤務先で作成してもらいます。 ※ 事故の内容により添付 

■ 自営業等の場合は「確定申告書控」を添付します。または、所得額の記載されている納税証明書、課税証明書を取得します。 

■ 主婦の場合は家族全員が記載された住民票を取得し添付します。 

⑦ 「印鑑証明書」を取得します。 ※ 保険金の請求に必要です。保険金の受領者が請求者本人であることの証明です。 

⑧ 被害者が未成年でその親権者が請求する場合は、未成年者の「住民票または戸籍抄本」を取得します。  

⑫  請求者が数名いる場合は、原則として1名を代理者とし、他の請求者全員の「委任状」「印鑑証明」が必要です。 

⑬ 「後遺障害診断書」(症状固定時に残っている症状を記載した診断書)(自賠責の定型用紙)取得  

⑭ そのほかの損害を立証する書類を必要に応じ取得または作成します。 

■ レントゲン写真等損害を立証する書類 ※事故の内容により添付 

※ 自賠責では認定は、顔面醜状(表面のキズ、アザなど)、眼瞼欠損、運動障害の認定以外はすべて書面審査で行われます。書面での立証が最も重要です。後遺障害診断書の書き方で、認定されたり、されなかったりすることがあります。後遺障害診断書はできるだけ具体的に記入してもらうことが大切です。 

⑮ 業務依頼書(兼ヒアリングシート) 

⑯ 本人確認資料:申込者の身分証明書のコピー。(※運転免許証、住民基本台帳カード、健康保険証、住民票のいずれかのコピー)

  

 

STEP step3着手金をお支払いください

 

【書類をご郵送された方】

 

□ 書類が届きましたら、「委託契約書」をお送りいたします。

□ 同封で、代金(着手金)の振り込み先のご案内をいたします。

□ 当方からの連絡後、7日以内に指定の口座へお振込みをお願いします。

 

※ 7日以内にご入金がない場合はキャンセルとみなします。

※ 振り込み手数料はお客様のご負担でお願いいたします。

 

【書類を当事務所までご持参いただく方】

 

□ ご来所された際にお支払いください。

 

矢印

 

□ 着手金のお振込み(お支払い)を確認後、業務に着手します。 

1. 加害者側の加入している自賠責保険会社に連絡し、申請に必要な書類一式を取り寄せます。 

2. 「自動車損害賠償責任保険支払請求書兼支払指図書」、「事故発生状況報告書」を作成し、出来次第、依頼者宛郵送します。

STEP step4内容の確認

□  内容をご確認下さい

 

① 訂正等がないときは

・「確認書」に「なし」と記入のうえご返送下さい。

・「委託契約書」に署名・捺印し、ご返送下さい。

・「自動車損害賠償責任保険支払請求書兼支払指図書」に署名・捺印(実印)し、ご返送下さい。(「印鑑証明」を添付)

※「事故発生状況報告書」はお手元に保管ください。

 Step5へ進みます。 

 

② 訂正がある場合は、「確認書」にその内容を記載してご返送下さい。

 

 矢印

 

□ 訂正の指示事項を反映した書類を作成のうえご郵送します。

  矢印

 

□ 当事務所で、加害者の加入している自賠責保険会社に、「被害者請求」で後遺障害等級認定の申請をする旨の送付書をつけて、郵送提出します。(後遺障害等級認定の申請) 

□ 提出先は住所地に近い自賠責保険会社のサービスセンター等です。 

□ 回答は、通常1から2か月で、加害者の加入している自賠責保険会社から直接被害者に通知されます。

 

 

STEP step5料金(残額)をお支払いください

■ 請求書をお送りいたしますので、保険金受取後、着手金を控除した残額を指定の口座へお振込みお願いいたします。

ポイン ト 料 金 

 □行政書士報酬 54,000円(消費税込) ※ 着手金を含みます 

■ 郵送料など実費は別途ご請求いたします。

 

※ 途中で弁護士に依頼されるなど、着手金お支払い(振込等)後のご依頼者のご都合によるキャンセルは業務の性格上「返金」いたしかねます。着手金をもってキャンセル料に充てさせていただきます 。

 

ポイ ント 行政書士に「自賠責保険 保険金請求書」その他の文書作成を依頼した費用は、ご自身の自動車保険に交通事故弁護士費用特約を付けてある場合はその保険をご利用できることがあります。ご自身で事前に保険会社にお問合せください。

 

矢印

□ 後遺障害等級が認定されると、その等級に応じて「逸失利益」及び「後遺症慰謝料」を請求することができます。

 

(加害者側が任意保険に入っている場合) 

・ ご自分で、弁護士基準を参考にしながら、逸失利益及び後遺症慰謝料、過失相殺料などを計算し加害者側の入っている任意保険会社に請求します。 

・ 合意すると、加害者側の入っている任意保険会社が免責証書(示談書)を用意します。


□ 申込書 (ダウンロードし印刷してご使用ください)
ダウンロード
交通事故後遺障害認定申請(被害者請求)サポート業務依頼書.pdf
PDFファイル 149.8 KB