魚沼地方の方言  2017.03.10更新

方言 意味 用例 用例の意味
1 あいぶ  歩く ほこまで あいんできたかい ここまで歩いて来ましたか
2 あいそがない ぶっきらぼう あいそがないんがの 手持ち無沙汰ですものね
3 あげる 吐く    
4 あげっぽい 吐き気がする    
5 あさげ あさげはさぶくてみんじゃの蛇口がしみてとぉ (朝は寒くて、台所の水道が凍っていました)
6 あさっぱら 早朝    
7 あしたさげ 明朝    
8 あすぶ 遊ぶ うちばっかりえねで どっかえあすびにいってこい  (家の中にばかり居ないで何処かに遊びに行って来なさい)
9 あだける (子どもが)騒ぐ。暴れる やかましい あだてんないや うるさい 騒いでいないで
10 あちことない 心配ない。大丈夫 あちことないや 心配ないですよ
11 あったこい  温かい    
12 あったら命 せっかくの命    
13 あったらしい もったいない    
14 あっちさま お客様    
15 あっぱ 大便    
16 あっぱんじょ 便所    
17 あてずっぽう 自分勝手な想像    
18 あまさる ふざけていたずらする    
19 あまされ いたずら小僧 ふんにこの子はあまされだんがねや ほんとにこの子は腕白ものですね
20 あめる (頭が)禿げる ねら とっつあ わかいがんに はい あめてるねや お宅のお父さんはまだ若いのにもう禿げてしまってますね
21 あんしょ あの人達    
22 あんにゃ    
23 いいずらないんが むろんかまいませんので    
24 いきれっほい 蒸し暑い    
25 いけっつら ふてくされた顔 あさげから すんな いけっつらしてんな 朝からそんなふてくされ顔しないで
26 いじくされ 意地悪 おらっ子はがっこでいじくされされたんだんがせんせんとこへもんでいった うちの子どもが学校で意地悪されたので先生のとこるに文句をいいにいった。
27 いつける 結い付ける そこの柱にこの紐をいつけてくれ そこの柱にこの紐を結び付けてくれ
28 いっそ 全然。 やだったら くんなくたって おら いっそこまらね。 嫌だったら、くれなくても私は全然困りません。
29 いっそかい ありったけ。すべて。せいぜい いっそけのたっぽみんな売った ありったけの田をみんな売った。
30 いっちょうろし 一張羅、一番上等な着物を初めて着るの意。    
31 いねぇ 変な。嫌(いや)。 うらんじさ いねぇんことばっかいってて ふんにいやだんがねや 裏に住んでいる居爺さんは嫌なことばかり言うのでほんとうにいやですね。
32 いまのき この時代 いまのきテレビのないうちはない  
33 うすでこ とても沢山 山で栗をうすでこ拾ってきた。  
34 うすら 少し。馬鹿。 うすら馬鹿  
35 うろぬぐ 間引く    
36 うんさま あなた   成人の男が同格同志で使う
37 うんも 水(幼児語)    
38 えーよーぉ ほほう。(そうだったんですかの意)    
39 おおごった 大変だ、困った。大ごとだ。 ゆきばっか ふってて おおごったいや 雪が毎日降って大変困ります。
40 おおまくらい 大食漢    
41 おーめにあう 酷いめに会う    
42 おこわ 赤飯    
43 おじ。おじごんぼう とも 次男    
44 おしこくる 強く押し付けてくること    
45 おしょる(おっぽしょる とも) 折る    
46 おつけ お汁。味噌汁。    
47 おっける 塞ぐ 長靴に穴があいたんだんがおっけてくんないかい。 長靴に穴があいたので塞いでください。
48 おつこ おつこしょ 男衆
49 おっこす 壊す    
50 おっつぁれる 叱られる。怒られる    
51 おっといな おととい。一昨日    
52 おっとし 一昨年    
53 オマエ  貴方(敬語としてつかう)    
54 おもいさま 思い切り おもいさまはたけ 思い切り叩け
55 おろのぐ 間引きする    
56 かがっぽい 眩しい    
57 かじかむ 寒さで手などが動かなくなること    
58 かずける  他人のせいにする うそこけ。ひとにかずけんな。んながとったったろ(嘘  
59 かか 女房 自分の奥さんを呼ぶときに使う  
60 かっか おかあさん     
61 かっちき かんじき    
62 かずける 罪をなすりつける。 てまいでへこいてひとにかづけんな 自分でおならをしたくせに他人になすりつけないで
63 かてめし 混ぜご飯    
64 かてる 加える おらも仲間にかててくれ 私も仲間に加えてくれ
65 かなぎっちょ とかげ    
66 かねっくり つらら    
67 がめる 盗む    
68 体がこわい (病気のため)苦しい 体がこわくてうーぐったいや 苦しくて大変です
69 からてっぷり  てぶら    
70 かんさま 神様    
71 かんまいだてならん 面倒みきれない。    
72 かんまう ちょっかいをだす。からかう。 泣くからかんまうないや 泣くからちょっかいをださないで
73 かんもす かきまわす    
74 がん 物、事 んなにやるがんなんなんにもねぇ あんたにあげるものなど何もないよ
75 きかんぼう 言うことをきかない子、強情っぱりの子    
76 ぎっちょ 左利き    
77 きびがわりい 気味が悪い    
78 きもをやく 腹を立てること    
79 きもやき 怒りっぽいの意。    
80 きんか つんぼ    
81 きんぎょ 口やかましい人。 潔癖症    
82 きんな 昨日    
83 きんま 過剰反応する人    
84 くらしつける 殴る    
85 くらっつま 暗いまま 電気も点けねーでくらっつまでいたか。
くらっつまであいんできた。
電灯を点けないで暗いままでいましたか。
(乾電灯なしで)暗いままあるいてきた。
86 げーるっぱ オオバコ。    
87 げっぱ(げっぽ) ビリ。尻端    
88 けなりい うらやましい。 けなりがってんな うらやましがらないで
89 こいにょ 鯉 魚(よ)    
90 こうせん 黄な粉    
91 ごうたれ 強情っぱり、強情者    
92 ごーぎ 沢山。すごい。 ごーぎお土産貰ってしょおしだのし。
あこんしょは嫁どりに300万使ったとんし。ごーぎだのし。
沢山のお土産を頂きましてありがとうございます。あそこの家は結婚式に3百面万円使ったそうだ。すごいですね。
93 こごむ かがむ。頭込む。    
94 こごめ こごみ(山菜)    
95 ここんしょ こんにちは(他家を訪ねるとき使う)    
96 こざく かきわける 雪をこざいていく  
97 こすい ずるい    
98 こずら憎い すこし憎らしい こずら憎い こにくらしい。少々憎い
99 こそばす くすぐる。   こそばゆい
100 こち こちら。 こちじも。 少し下。
101 こち面倒くさい 少々面倒くさい。    
102 こったい 散々 こったいおっつあれた 散々叱られた
103 ごったく 煩わしい事、ごちゃごちゃしている様子 葬式ごったく  
104 こっつお ・・・ですよ。    
105 ごっつお ごちそう    
106 こって こんなに こっていっぺもらってしょーしだの こんなに沢山いただいて申し訳ありません
107 こっぺつ 屁理屈 こっぺつこいてんな 屁理屈を言うな
108 こてや ・・・ですよ。(強調)    
109 こなごな くたくた 疲れてこなごなだ 疲れてくたくただ
110 このあいさ。 こないだ この前    
111 こわっちない 少し固い。 まんまちっとこわっちなくねぇか ご飯少し固くないですか。
112 こんご 釈迦力 こんごになってはたらく 釈迦力になって働く
113 さっきな 先程    
114 さっつぁ 沢山。散々。あきあきするほど。 さっつぁになった あきあきした。
115 さるまた パンツ    
116 しいな 中身のない実っていない籾    
117 じさ  じいさん    
118 したむ 注ぐ お茶をしたむ お茶を注ぐ
119 しっぱね お尻のあたりについている泥はね    
120 しっぺた    
121 しなびれる 水分がなくなって皴しわになること    
122 しみる 凍る 道がしみてるから気を付けていけや 道が凍っているから気を付けて歩きなさい
123 しめし おしめ    
124 しゃいなし 出鱈目。うそ しゃいなしいってんな でたらめを言うな
125 しゃぎつける 叩く    
126 しゃきらもねぇ くだらない しゃきらもねぇこといってんな くだらないこというな
127 しゃべっちょ  おしゃべり者    
128 じゃみる (こどもが)ぐずること。 いつまでんもじゃみてんな いつまでもぐずっていないで
129 しゃんる 出来ますか    
130 じゅんぎ 礼儀 あいさつ    
131 しょうたれ 不潔    
132 じょうもん いつも。日常的    
133 じょうや おそらく。    
134 しょーしい 恥ずかしい    
135 しょーしだのし 恐縮です ほっけにごっつぉもらってしょーしだのし こんなにご馳走を頂いて恐縮です
136 しょざいがない やることがない    
137 じょんぎ 丁寧 じょんぎだのう ご丁寧にありがとうございます。(お祝いを頂いたときなどに使う)
138 しりごだし 下痢    
139 しんなんな 肛門    
140 しんのみ 味噌汁の具    
141 ずくなし やくたたず    
142 すける 助ける    
143 すっけんこと そんなこと すっけんこといったってどうしょうもね そんなことをいわれてもどうにもならない
144 ずでぇ てんで まるで    
145 すぼっこ (手土産などを)包装しないこと すぼっこでわりいども 包装しないで申し訳ありませんが
146 ずれーんと ゆっくりと ずれーんと行け ゆっくり行け
147 すんつぇんこと言って そんなことを言うんですか    
148 せしむる (小さい子を)いじめる 泣くからせしむっていんないや 泣くからいじめていないで
149 せつらがない せわしない。余裕がない    
150 そーだこっつぉ そういうことだ(自分の主張の正当性を強調し同調を求める言い方)    
151 そこひ 白内障    
152 そばえる 甘える。    
153 そんた あんた    
154 そんた そなた   同等の庶民の男同士で使う
155 そんま すぐ。短い時間、期間    
156 だいおろし 新品を初めて使うこと    
157 たいじゅんち 新生児の????    
158 だくだにする 無駄にする    
159 たつ 性格。質    
160 たっぽぶち 田を耕すこと    
161 だてこき おしゃれ者    
162 ちまじる 摘まむ    
163 ちゅうぶ 脳卒中    
164 ちょんぼ オチンコ    
165 つぁつぁ。つぁ おとうさん    
166 つぎっきれ 布端    
167 つぎぶれ 継送する伝言   伝言ゲームのように葬儀の日取りなどの連絡事項を伝える口頭の回覧板
168 つぐら 揺り篭    
169 つっこと 針仕事    
170 つぼっこ 包装せずそのまま    
171 でがない てもちぶさた    
172 でい  出の間    
173 でーろ かたつむり    
174 てっこ てっこっけたむいてんな 目にものがはいるぞ 上の方を向かないで 目にゴミが入るから
175 でっこい 大きい    
176 てっちょ うえ    
177 てっちょっけた 上の方    
178 でっつく 肥満体、デブ    
179 てってに行く 各自でそれぞれに行く。    
180 でっぽ うすでっぽこくな 嘘つくな
181 とせ 生活、くらし いいとせをしている。とせにならない よい暮らしをしている。無駄遣いが多い
182 てや ・・・ということですよ    
183 とうぎみ とうもろこし    
184 どーくされ 臆病者、怖がり屋    
185 とっつぁ おやじ    
186 とど 手伝い    
187 どひょうし あわてもの 不注意で失敗をすること どひょうしだんがねや  
188 なく 飴、砂糖が湿気ること    
189 なじ(なじょ) どのよう からだの具合はなじだかい からだの具合はどうですか
190 なじっともない なんともない なじっともないんだんが心配しないでくんないかい 何ともないので心配しないでください
191 なじょうも どうぞ。(どのようにも)。なにとぞ。 なじょうもそうしてくれ どうぞそうしてください
192 なじょして どうして    
193 なす 返す。戻す。 借りたがんをなす。 借りた物を返す。
194 なまずけない いやらしい。エッチ    
195 なんくぁ 必要以上に攻撃的に反発する人    
196 なんだら あまりにも なんだらごうぎすぎて あまりにもすごすぎて
197 ねぐさい 腐臭がすること。 このにいもんちっとねぐさくねえか この煮物は少し腐臭がしないですか
198 ねそっける 寝そびれる    
199 ねつい 倹約家。吝。丁寧    
200 ねぶったい 眠い    
201 ねぼこき 朝寝坊をする    
202 ねまる   正座する 足が痛くて ねまらんねや (膝が痛くて正座できないです)
203 ねら おまえら (あなた方)    
204 ねんがら年じゅう 一年中    
205 のめし  怠け者、虎の巻、あんちょこ    
206 はい もう はいそっけんじかんになったけ もうそんな時間になりましたか
207 ばいつりやっこ 奪い合い    
208 はかんど 墓地    
209 はぐる めくる    
210 ばさ ばあさん    
211 はじける でしゃばる はじけてんlな 出しゃばるな
212 ばちあたり ものをそまつにすること ばちあたりなことしんな ものを粗末にするな
213 はちぶたい おでこ    
214 はっこい  冷たい    
215 ばっぱらけ 扉、ドア、窓をすべて開けっ放しにしている様    
216 はつめ  頭がいい。賢い  そっちん子はかかににてはつめだんがな (お宅のお子さんは母親に似て頭が良いですものね)
217 はらくっちゃい おなかがいっぱいだ はらくっちゃい おなかがいっぱい
218 はらくっちやぃ お腹がいっぱい    
219 はらみっと 妊婦    
220 ばんがた  夕方    
221 ひっける いじける。拗ねる。 なにひっけてるがったいや どうしてすねているの
222 ひとめっこ 人見知りする子    
223 ひりょう お駄賃、ご褒美    
224 ひるあがり 昼の休息    
225 ふいむき 頭の天頂部    
226 ふーら    馬鹿 ふーらいってんな (馬鹿なこと言っていないで)
227 ぶきっちょ 不器用    
228 ぶちゃる  捨てる    
229 ふっかく かじる リンゴをふっかく リンゴをかじる
230 ふっこくる 人を蹴ること    
231 ふるまら ふりちん    
232 ふんに 心底から いないんことばっかいってふんにやだ 意地悪なことばかり言って本当に嫌です
233 へっこたっこ  凸凹    
234 へっとじょろ カメムシ    
235 へっぴ ヘビ    
236 へのこ ペニス    
237 べろ    
238 へんがむない物 つまらない物    
239 ほおくそ そばかす    
240 ぼう おんぶする    
241 ほうざれる 色褪せる ほうざれた服を着てるねか 色褪せた服を着ていますねぇ
242 ほげなげる 放り投げる    
243 ぼた 丸太    
244 ぼたる (スコップなどに雪などが)こびりつくこと    
245 ぼちゃ  風呂 ばんがた になったら ぼちゃはいりにこいや  (夕方になったらもらい風呂にきませんか)
246 ほちゃほちゃ 楽しげにぺらぺら話すさまを形容する副詞 ばさがほちゃほちゃしゃべてってとう おばあさんが楽しそうにはなしをしていましたよ
247 ほつけさま 仏様    
248 ぼっこ 不器用 ぼっこ大工 下手な大工
249 ぼっつある おんぶしてもらう。    
250 ぼぼ 人形    
251 まっと もっと    
252 まねる いいつける。ちくる。    
253 まめ 元気。健康    
254 まるける 結ぶ    
255 みじょい いとおしい。かわいい    
256 みじょげら 可哀そう    
257 みったくねえ みっともない    
258 みんじゃ  台所    
259 むこうっけた 向こう側。    
260 めごい  可愛い おらこは だれににたがったか めごくなったんがな  (うちの子は誰ににたのかわからないが可愛い顔になったですね
261 めっぱつ ものもらい。麦粒腫    
262 もうぞう 寝ぼけていること  もーぞになってんな (馬鹿なことを言うな)
263 もーぐれる ぼける。    
264 もっくだ 厄介だ。お荷物だ。有難迷惑だ。 こんつぇんもんもらってももっくだ こんなものをいただいても有難迷惑だ
265 もっくかく もてあます。始末に困る。大変な思いをする。    
266 もんじゃくる (紙とかを)くしゃくしゃにする    
267 もんでいく 苦情を言う。    
268 やいひ お灸 やいひたててくんないかい お灸をしてください。
269 やきめし おにぎり    
270 やごめ 独り者    
271 やしんぼう 食いしん坊     
272 やっこしい うるさい やっこしいこといってんな うるさいことをいうな
273 やはい、やはい 残念    
274 やまき 一族。本家と分家(家持)の集まり    
275 ようだち 雷雨。    
276 よおらいで 共用で よおらいっこしぇいや 共同で使いなさい
277 よくなし 悪ガキ    
278 よず よだれ    
279 よったり 4人    
280 ようさり 夕方    
281 よっていがっしゃれ 上がってください    
282 よっぴで   一晩中 よっぴであすんでた (一晩中遊んでいた)
283 よっぺな  昨晩 よっぺなはさぶかったのし (昨晩は寒かったですね)
284 らいんな 来年    
285 ろぅえ ・・・ろうプラス(同意を求める「え」    
286 わすら いたずら 遊び    
287 わにる はにかむ わにたようなつらしっとう はにかんだような顔をしていたよ
288 んな  あなた    
289 んにゃ 否 (否定するときに使う)